地元で40年以上の歴史を誇る名店の『肉そば』を食す! @『金龍』神奈川県相模原市

  by YELLOW  Tags :  

今回は神奈川県相模原市にある『金龍』の『肉そば』にクローズアップしてみましょう。

そもそもが”相模原”と言う時点で、記事としての需要の方はお察しですが、ページビュー重視では書けない記事も、時には必要かと存じます。

40年以上続く地域密着店『金龍』

正直、あまりに微妙な立地にある『金龍』で御座います。

沢山の車が走るような幹線道路から一本奥にあるので、地元民の筆者ですら、店の存在を知りませんでした。しかし、なんとなく

「ゴールデンドラゴンの肉そばパネェ!」

みたいな情報を掴んだので、早速チェックしてみた次第です。

今となっては懐かしいショーケースも健在でした。

インテリアも檄渋な『金龍』

古い店なのに、かなり清潔感のある店内は良いですね。

特にインテリアと言うか全体的な雰囲気が、昔の町の中華屋さんっぽくて素敵です。

しかも掃除もきっちりしてあり、椅子やテーブルも全てが”直角平行”に綺麗に並べてあります。

いや、こういう店で食べる”中華屋さんのラーメン”って、ラーメン専門店と違った味わいがあって好きなんですよね。

『肉そば大盛り』を食す!

とにかくボリュームがヤバイらしいので、せっかくですから大盛りでオーダーしてみました。

『肉そば大盛り』(850円大盛り+100円)

『金龍』で昔から人気の看板メニューらしいので、初見はコイツで間違いないでしょう。

結果、コチラの『肉そば大盛り』で御座います。

ん~ 正直、ボリュームうんぬんよりも”餡かけ”がヤヴァィですね。

猫舌歴40年の筆者的には、口の中を火傷するビジョンしか浮かびません……。

熱いが美味い!『肉そば大盛り』

とは言え、躊躇していると麺が伸びてしまうので、決死の覚悟で食べる事にします。

まずスープをチョイチョイ飲んでみて、全体のイメージを掴みます。

結果、熱すぎて味が分かりませんでした……。

仕方ないので麺を食べようと箸を使ってみたものの、あまりに重くて麺が上がらないと言う罠……。

コレは結構イイ感じにほぐさないと、麺をリフトする事すら出来ない模様……。

大丈夫か?

大丈夫だ心配ない!

ちょっと幸先不安なスタートですが、比較的食べやすそうな野菜を食べると、評価が変わりました。

「胡麻油の風味が半端ない」

最近は中華料理でも胡麻油を控える店が多いのですが、この『金龍』はガンガンに使ってきます。

これぞ昔の中華屋さんの味ですね。

ちなみに昔の中華屋さんの味ですが、あまり”化学調味料”っぽさを感じないのも気に入りました。

『金龍』のサイトと言うかホームページを見てみると、かなり材料などにはコダワリを持っている模様。

これは当たりの店を引いた予感です!

『肉そば大盛り』ウマし!!

野菜と麺をちょこちょこ食べていると、徐々にスープの温度も下がって来たので、改めてスープを頂いてみます。

いわゆる”昔の中華屋さん”のラーメンスープの味ですな!

昨今のラーメンに比べるとスープのボディは弱いのですが、逆に”あっさり感”はあるので気分によってはコッチも正解です。

麺は普通の中華屋さんよりも美味しいですね。

ホームページには『佐々木製麺』の麺と書いてありますが、なかなか美味しい麺だと思います。

炒めた野菜の美味しさがキテる!

さらに『金龍』のスープは野菜の甘さを引き立ててくれますね。

炒めた白菜から出る水分が、片栗粉の餡に溶けて、その餡が熱いスープに溶け込んで生まれる味わいです。

この一体感こそ”餡かけそば”の醍醐味でしょうか?

しかも”肉そば”を名乗るだけあって、肉の量も多めなのが嬉しいですね。

これだけの肉が入っていて、このボリュームなら950円も納得出来るお値段です。

ご馳走様でした!

『肉そば大盛り』 総評

相模原のガッツリ飯としては、申し分ないボリュームと美味しさを備えている『肉そば大盛り』で御座いました。

若干、麺の塊具合がオイって感じでしたが、そこは最初に麺をリフトし”餡かけ”にくぐらせて、再度ほぐせば問題なしです。

大盛りにすると麺2玉になるようなので、大量の野菜餡かけと合わせると、かなりのボリュームになりますが、ラーメン自体はサッパリしているので、苦しくはありません。

あと個人的には”きくらげ”とか最高でしたね。やはり中華屋さんの”餡かけ”には必須ですから。

噂通り、その味もボリュームも文句無しの一品でした。

それでは、みなさんも相模原の『金龍』で『肉そば大盛り』にチャレンジしてみて下さい。

『金龍』

神奈川県相模原市中央区富士見6-3-12

営業時間 10:45~14:00
定休日:日曜祝日

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835