Alfredは、スマートフォンを、家庭用IP監視カメラに変える、モバイル・アプリである

  by iikura  Tags :  


 Alfredは、スマートフォンを、モーション検出・通知などの機能がある、家庭用のネットワーク監視カメラに変える、モバイル・アプリである。

 あまり使用しない、スマートフォンがあれば、ユーザは、幼児や老人やペットなどを監視するための、家庭用のネットワーク監視カメラに、100ドルを費やす必要がなくなるだろう。

 スマートフォンのモバイル・アプリ、Alfredは、あまり使用していない、スマートフォンを、家庭用のIP監視カメラに変える。

 スマートフォンには、家庭用のIP監視カメラが持っている、ハードウェア機能(カメラとマイク)があり、高度なアプリを実行できる、コンピューティング・パワーがある。

 幼児モニタやペット・モニタなどに使用する、家庭用のIP監視カメラを探しているなら、あまり使用していない、スマートフォンを代替として利用することを試みてみよう。

 ユーザは、2台のモバイル・デバイス(カメラ用のスマートフォンと、ビューア用のスマートフォンやタブレット)に、Alfredアプリをインストールすることにより、どこにいても、幼児や老人やペットなどを、音と映像で監視できるようになる。

 Wi-Fiか3G/4Gに接続できれば、ユーザは、Alfredアプリを使用して、同じGoogleアカウントでログインすることにより、どこにいても、家庭に設置したスマートフォンを、IP監視カメラとして利用できるようになる。

 Alfredのモーション検出機能を使用して、カメラ側のスマートフォンは、変化があった映像のスナップショット写真付きメッセージを、ビューア側のモバイル・デバイスに送信するので、ユーザは、ビューアで、現状の映像を確認することができる。

 ユーザは、どこにいても、モバイル・デバイスのマイクを通して、幼児(あるいは、ベビーシッター)、老人、ペットなどに話しかけ、双方向で会話することもできる。

 スマートフォンを立て掛けるスタンドがなければ、コップなどに、スマートフォンを立て掛けて使用することもできる。

 Alfredの主な特徴:

・Afredは、AndroidベースやiOSベースのスマートフォンを、家庭用のIP監視カメラとして利用できるようにする。

・Alfredは、ネットワーク接続速度に依存して、ビデオ品質を自動的に調整する。

・Alfredは、動きを検出し、写真付きメッセージで、ビューア側のスマートフォンに通知する。

・Alfredで、ユーザは、モバイル・デバイスのマイクを使用して、双方向で会話することもできる。

・Alfredで、ユーザは、カメラ側のスマートフォンをリモート制御し、スナップショットを撮ることもできる。

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/