AppleWatchの憂鬱 2015年4月24日にいよいよ発売

  by 木村 邦彦  Tags :  

いよいよ、2015年4月24日に発売されますね! 皆様は買いますか? Apple好きの筆者でありますが、買うかどうかは決めかねています。

Appleが「時計」を作るという噂を聞いた数年前、てっきりiPod nano程度の機能と値段を想像していました。iPod nanoが時計として使えるリストウォッチバンドのようなものです。しかし、Apple WatchはiPod nanoとは、違ったコンセプトをもって登場しました。独自のWatch OSを採用。値段は、4万2800円から最上位機種は、なんと218万円!!

もろもろの憂鬱な疑問

なかなか買うふんぎりがつきません。憂鬱な疑問を表明してみます。

純金じゃない

ちなみに、その218万円のAppleWatchEditionのボディは純金じゃなくて、18K。218万円という値段からすれば、4万2800円も安く見えるから不思議です。

世代的に古くなってゆく

AppleCare+ for Apple Watchは、二年間。AppleCare+ for Apple Watch Editionなら、三年間まで保障が延長されます。ということは、数年後は世代的に古くなることを暗示しているでしょう。

ふつうの腕時計も手放せず

情報漏洩を防ぐためのセキュリティが厳しい会社では、スマホや携帯電話を持ち込めない部屋があるものです。Apple Watchをつけて入室ができない場所もあるでしょう。そのような厳重な環境で仕事をしている人は、通常の腕時計も持ち歩く必要があります。部屋に入るごとに、付け替えなくてはならない事態は不便に感じるかもしれません。

健康管理のために身に付けるウェアブルなら、むしろ時計はない方が便利な気もしてきます。

MacProの方が俄然欲しい

4万2800円から218万円の予算があったら、Apple Watchを買って幸せになれるだろうか。4万円台なら、財布と相談して、試しに買うかも。218万円ならフル装備でカスタマイズした6コア、デュアルGPUのMacProの方が俄然欲しい。まじで欲しい。

AppleWatchの憂鬱

Apple Watchの発売は、顧客層が変わる大きな転機なのだと思う。Macを支えてきたアーティストやデザイナー、クリエーターは、たぶん貧乏だ。いや、そうでもないの? 

AppleWatchは、iPhoneのように割賦で買えるのだろうか? 218万円のApple Watch Editionは、記念で発行したコインみたいなものなのだろうか? 疑問ばかりで、幸せになれる実感がわかない……。

1971年生まれ、閖上港近くの仙台市育ち。東京都在住。法政大学文学部哲学科卒業。ウェブサイト http://www.kimukuni.info/

ウェブサイト: http://www.kimukuni.info

Twitter: kimukuni

Facebook: kimukuni