ラーメン二郎が公式として「最近ラーメンのパンチが欠けている」ことを認める→ しかし問題ナシ→ なぜか

人気ラーメン店『ラーメン二郎京都店』(京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町4番)が、最近ラーメンのパンチが欠けていることを公式に認めるコメントをして話題となっている。

ラーメン二郎京都店「肉が変わったせいで若干パンチは欠ける」

『ラーメン二郎京都店』は公式X(旧Twitter)にて、「最近のうちのラーメンは肉が変わったせいで若干パンチは欠ける」とツイート。そこだけを読むと大丈夫なの? と思うかもしれないが、まったく問題なさそうだ。

いまこそ『ラーメン二郎京都店』に行くべき

店主は「スープがマイルドで僕は好みなんですよね」ともツイート。さらに「アブラにも力入れてます」とコメントしており、それはつまり「新たなラーメン二郎の味の爆誕」ともいえる。そう、むしろその味を体験すめため、いまこそ『ラーメン二郎京都店』に行くべきなのだ。

<ラーメン二郎京都店のXツイート>

「最近のうちのラーメンは肉が変わったせいで、若干パンチは欠けるんですが、スープがマイルドで僕は好みなんですよね。是非、「アブラ」コールしてください。アブラにも力入れてます。更に今晩は「魚粉」もありにします。「ヤサイ、アブラ、ギョフン、(入れれるならもちろんニンニクも)」これで決まり」

期待!『ラーメン二郎京都店』で食べるために京都旅行をするべきレベル

あくまで個人的な感想だが、『ラーメン二郎京都店』のラーメンは、他店舗と比べてガツンとパワフルなパンチ力あるテイストが印象的だった。

それはそれで激ウマなのだが、そのスープがマイルドに仕上がり、さらにアブラのおいしさも一段と強化されているのであれば、期待しかない。『ラーメン二郎京都店』で食べるために京都旅行をするべきレベル。

ラーメン二郎ほ食べ歩く旅に出ようぞ!

当然ながら、今回の件は『ラーメン二郎京都店』でのテイストのことであり、他の『ラーメン二郎』店舗では従来通りのテイストのはず。旅に出ようぞ、味の違いを求めて!


酸素と砂糖水と樹液が大好物 https://twitter.com/kudo_pon

Twitter: kudo_pon