錠一郎(オダギリジョー)が書いていた五線譜はいつ“回収”されるのか? 朝ドラ史上最高傑作の呼び声も高い『カムカムエヴリバディ』気になる未解決ネタ&登場人物の名前の深読み

  by genkanaketara  Tags :  

『カムカムエヴリバディ』もラストまで残り54日、2か月を切った。現在、時代劇がめっぽう好きな3代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)が登場。舞台もこれから「条映太秦映画村」を中心に進んでいくものと思われる。

中には「朝ドラ史上最高傑作」と言うファンもいるほどだが、それはひとえに脚本家・藤本有紀氏の筆致によるものが大きい。全ての登場人物が活き活きと描かれているとこと、3世代を取り扱うということで、最短ルートで各ヒロインの人生を切り取れるテンポの良さ、そして何と言っても“コネタ”や“伏線”が、毎回のように忍ばせてあることなどが人気の秘密と言えよう。

だがその中でも“未回収”、“未解決”の話もある。例えば、いきなりトランペットだけ吹けなくなって久しい錠一郎(オダギリジョー)の“病状”。結局、それがどういう症状なのか今もって分かっていない。

2日放送の第65話では、そんな錠一郎が手帳に五線譜を引き、音符らしきものを書き留めているシーンもあった。これを見た視聴者は、彼が音楽の道に戻る兆しを見出していたのだが……。あれから物語的には10年経過しているが、朗報は未だに届かない。

気になると言えば、風間俊介が演じていた片桐は今、どうしているのだろうか。るい(深津絵里)が大阪時代に働いていたクリーニング店で出会った弁護士の卵だ。藤本作品のことだから、ひょっこり、るいの前に現われてキーパーソンにでもなるのかと思いきや、消息はつかめてない。

もちろん、るいと断絶状態にある安子(上白石萌音)、そしてともにアメリカへ渡ったロバート(村雨辰剛)との“決着”もついていない。この母子は何とか最後に雪解けしてほしいものだが……。

それで言えば、幼少期のひなた(新津ちせ)の前にやってきたビリー少年とは何だったのだろうか? 『カムカム』のメインテーマである英語に話を戻すための“仕掛け”に過ぎなかったのだろうか。

その中で多くの視聴者の憶測を呼んだのが、ビリーと一緒にいた男性。彼が父親ではなく「ビリーの叔父」という設定に違和感を覚えた者も少なくないだろう。深読みする視聴者は、ビリーが成人したときの配役が、ナレーターの城田優ではないかと想像をたくましくさせる人もいる。

“深読み”といえば、視聴者も藤本氏ばりに物語を楽しんでいる。


https://twitter.com/terubo9999/status/1487650334042320899

るいにとって大切な人には、みんな〝一〟が付いている。
「定一」「錠一郎」「一子」。
じゃぁ『安子』は?って考えたら、やっぱり『一』だった。

アン、ドゥー、トロワ。


https://twitter.com/Iloveseaview/status/1489966451645501441

#安子 = 餡子
#雉真るい = 生地丸い
安子+雉真るい = 餡子+生地丸い = #回転焼 あるいは御座候


https://twitter.com/aya_Unreal/status/1491967215079288836

岡山スタートで、雉真(キジ)とか黍之丞(黍きび団子)とか、ふむふむ面白いなぁ….ってほっこり見てたんだけど

弟の名前ぇぇ!!!
まんまやんかー!!!
#カムカムエヴリバデイ #カムカム #桃太郎

と、様々な考察が白熱している。いずれにしても、当面気になるのは、ひなたと本郷奏多演じる“無愛想な客”との今後だろう。楽しみでならない。

ライター。放送作家。