GoToEatには絶対神戸! 無国籍状態の街並みで「絶品グルメ」食いだおれ!

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもライターの丸野裕行です!

筆者は心底好きな京都在住なのですが、他にも愛すべき都道府県というものがあります。まずは、東京、さらに福岡、故郷の鹿児島。最後は、兵庫県神戸!

今回は、GoToEatキャンペーン中にぜひ訪れてほしい、自分がどの国にいるのかわからなくなる無国籍エリア・絶品グルメタウン神戸をフィーチャー。

マジで何度行っても飽きない、神戸のディープゾーンをご紹介します!

読者のみなさん、特に関西圏にお住いのみなさんはぜひ行ってみてください!

路地を入るとどこの国にいるのかがわからなくなる

さっそく神戸元町のディープゾーンへと移動します。

ハイカラなお店や中華なお店だけではなく、日本製品を扱うお店なんかも商店街の中にもあります。
なかなか昭和アンティークチックな木製の椅子があったので、吟味したり。

商店街を抜けて、右に左にウロウロとしていると、もう正直どこの国にいるのかがあいまいになってくるのが、このあたりの良さなんでしょうね。

ちなみにこの台湾料理『丸玉食堂』さんは、ディープな雰囲気が最強。

ここの名物は《ローメン》。かき卵のあんがたっぷりとかかった麺です。

ここから、元町高架下商店街へ。かなりパンチのあるお店が多いですね。

この双頭のミイラ像の画像を待ち受けにすると、金運UPすると書いてあるのでやってみました。今のところ、何も変わっていませんがどうなんでしょうね。

雑貨屋には、大人のみならず子供の視線をも奪うアイテムがずらり。彼ががジィ~っと凝視していたのが、このウルヴァリンみたいなやつ。欲しいのかと聞くと「これで家族をオレが守る」と。

神戸近郊で評判の広東料理のお店へ

とにかくなんでもある神戸三宮なんですが、ここからは2~3駅を経た広東料理の名店へ移動します。

こちらは摂津本山にある『チャイニーズキッチン粤香―ユエシャン—』さんです。

まずは前菜盛り合わせから登場。海老、ピータン、よだれ鶏、クラゲ、スモークサーモン。
非常に手が込んでいてうまい。

10年熟成のお店レーベルの特別紹興酒。

松茸とキヌガサタケの中華土瓶蒸し。鶏や干しエビ、金華ハム、干し貝柱、野菜のうまみが広がる奥行きの深いスープに松茸の香りが秋らしさ満点。

プリプリした天使の海老蒸し焼き。周りに乾燥した海老の卵がまぶされるなど、かなりの味わい深さ。

口直しの凍頂烏龍茶。

高級和牛の冷しゃぶ野菜巻き。舌の上にのせると、とろっとほぐれる柔らかさ。素晴らしいです。

白身魚のオレンジソース。サフランで色付けがしてあるのか、かなり美しい逸品です。ほろっと溶けるような白身は、ホクホクしていて非常に美味。オレンジソースとの相性も最高です。

なにもかもが、うまかった……。

食べたいものがありすぎる

食べ疲れた胃を優しく美味しくいたわってくれるのが、中華粥

クコ実とザーサイ入りの中華粥が沁みる。しみいる。鶏スープの味がよく効いていてとても良いです。

元町あたりを再びブラつき、入ったのはブランチの中華粥の正面にあるステーキハウス。それにしても食べたいものがありすぎる神戸。

200グラムのサーロインと海鮮いっちゃいました!

目の前の鉄板で最高の食材の焼きたてをいただけるのも、神戸の魅力ですね。

港町神戸は眺めも最高

とはいえ、ディープすぎるのはちょっと……という家族連れのみなさんや、神戸の綺麗な景色を楽しみたい方はこちらへ。

海沿を進めば、ポートタワーが忽然と現れます。

神戸ハーバーランドには神戸モザイクやアンパンマンミュージアム、グルメタウンや雑貨屋、いろんなものが揃ってます。

到着したのは、モザイク1Fにあるフランスのアパルトマンをイメージしたせせらぎ沿いにあるガレット・クレープ専門店『3épice(トロワエピス)』さん。

フランス人経営者が焼くガレットは一級品です。いい火加減で、ガレット好きの筆者も大満足。

ガレットのみならず、スイーツも隙の無い、かなり本格的な味わい。

涼みに入った向かいにある『umie』、商業施設が集まっているうえに、スーパー銭湯まで近くにあります。神戸の中心部は、子どもを1日中遊ばせるにも非常に便利です。

というわけで、この取材で食べたのは、ボリューム満点の8食(※深夜のラーメンとホテル朝食、豚角煮とカエルのから揚げを食べに立ち寄った中華街の店含む)!

どれを食べても「うまい!」のひと言なので、ぜひGoToEatやGoToキャンペーンで無国籍気分が味わえる兵庫県神戸に出向いてみてください!

きっと楽しい旅になるはずです!

あ~、食い過ぎた……。

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』『神戸製薬株式会社present's NEOYAG』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンジャポ』、テレビ朝日『EXD44』『ワイドスクランブル』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: https://twitter

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5