くら寿司の一部店舗で販売中のビール「ペールエール」が本格的すぎるウマさ! 「回転寿司でこんなビールを飲めるとは!」

  by ノジーマ  Tags :  

全国に展開する回転寿司チェーンの「くら寿司」は1皿100円からの低価格で寿司を食べられるだけでなく、ラーメンやうどんといった麺類やどんぶりメニュー、さらにはハンバーガーなどのカフェメニューまで充実。

寿司を食べたくない気分の人とも一緒に食事できるばかりか、くら寿司でお酒を楽しんだり、カフェとしても利用できるという、もはやいい意味で何屋なのかわからなくなりつつある飲食店です。

一部店舗限定メニュー「ペールエール」が思わず唸るウマさ!

そんなくら寿司ですが、なんと最近ブームになりつつあるクラフトビールのペールエールが一部店舗限定で用意されているという情報を入手。フルーティーな香りと軽い苦味が織り重なったペールエールとお寿司のハーモニーを想像するだけでなんだか酔いが回ってきてしまいました。クラフトビール好きの僕としては絶対に確かめに行かなければならない案件です。

早速くら寿司に問い合わせの電話を入れてみたところ、東京都は浅草ROX店、国分寺店、十条店、八王子みなみ野店の4店舗でペールエールの販売を行っているそう。というわけでガジェット通信編集部から最寄り店舗となる浅草ROX店へと行ってみました。

そしてテーブル席に座ってタッチパネルのメニューを操作してみると……

あった! 本当にあった! 通常の生ビールが500円なのに対し、ペールエールは600円と割高ですが、写真を見る限りは生ビールもペールエールも同じ分量のようです。

ところが。ペールエールだけを単品で注文するのも申し訳ないので、おつまみとして「上えび天(200円)」もオーダーしたのですが、先に天ぷらが運ばれてきちゃって、待てども待てどもペールエールが出てこない。

「あれ、これは頼んではいけないものを頼んでしまったのかな?」なんて思っていると、責任者らしき人がテーブルまでやって来て「大変申し訳ございません。ただいま樽の入れ替えを行っておりますのでもう少々お待ちください」などと伝えられました。

天ぷらは冷める一方ですが、これはむしろ朗報。樽の入れ替えをおこなっているということは、缶や瓶に入ったペールエールではなく、樽生のペールエールを飲めるということなのです。そして数分後、ついに受け皿に乗ったペールエールがレーンで運ばれてきました。

ペールエールはアサヒスーパードライのジョッキに注がれていますが、スーパードライとは色が明らかに別物。琥珀色の美しい液体からはほのかにフルーティーな香りが漂ってきています。いやあ、こいつはとびっきりウマそうだ! もう我慢できないぞ! 飲む!!

プッハァーーーーーーッ!!!! ウメェェェ~~~~~~~~ッ!!!!

まさかくら寿司でここまで本格的なクラフトビールを飲むことができるとは。いつもなら主役の寿司を生ビールで迎え撃つところですが、こんなビールが出てきてしまったら主役と脇役は完全に逆転。くら寿司のすべての食べ物が一瞬にしてクラフトビールの引き立て役へと化してしまいました。

こうなってくるとくら寿司は本当に優秀。魚や貝を使った正統派の寿司だけでなく、肉や揚げ物を駆使した変化球寿司、麺料理、一品料理、サイドメニューなどが充実しているので、回転寿司店からメニューの豊富な居酒屋という感覚にシフトチェンジさせて楽しむことができるのです。

クラフトビールに満足したらオリジナル冷酒や有機ワインなどほかのアルコールへの継投を駆使するもよし。きっといつもとは違うくら寿司の景色が開けることでしょう。

最寄りのくら寿司がペールエールを取り扱っているかどうかは店舗に直接電話してみるか、公式サイトから問い合わせして確認してみてください。

ノジーマ

B級フード研究家。漫画を描いたりライターをしたり。変な料理をいろいろ考えます。週刊プレイボーイで『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』連載中。趣味は昼寝。枕元に尿瓶を置き、ビールを点滴しながら寝て暮らしたい。千葉ロッテマリーンズファン。スマイル党員。 ★レシピ本発売中!★世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ http://amzn.asia/8N2jTuz

ウェブサイト: http://unkomorimori.com/

Twitter: aochins8

Facebook: aochins8