『HiGH&LOW』のアクション俳優をもうならせる、シビアで丁寧な審査とは?『第31回アクションライセンス認定会』レポート&インタビュー

  by 藤本 洋輔  Tags :  

▲『第31回アクションライセンス認定会』参加者 左から、吉本実憂、丞威、齋藤めぐみ 

『るろうに剣心』『HiGH&LOW』『ザ・ファブル』などなど、アクションをメインとした邦画がヒットを飛ばし、『刀剣乱舞』といった殺陣が必要とされる舞台も次々と話題になる昨今。スタントマンやアクション監督の活躍の場は広がり、殺陣や技斗(現代アクション)に真剣に取り組む俳優も増えてきた。一方で、ときおりアクション関係者から聞こえてくるのが、「特技はアクション」としながら、実際にはそれほどでもない俳優もいるということ。たしかに、作り手も観客も何を基準にして、「アクションが出来る」とするべきか悩むところだろう。「武道・格闘技経験がある」「身体能力が高い」からといって、必ずしも演技としてのアクションに秀でているとは限らないのである。

そんな“基準”の認定を行っているのが、日本俳優連合・アクション部会が主催する『アクションライセンス認定会』である。毎年秋冬2回行われているこの認定会では、殺陣と技斗(現代劇におけるアクション)の審査を行い、合格者に公認のライセンスを発行している。果たしてどんな人々が参加し、何を審査するのか?ということで、このレポートでは、2019年7月末に東京・新宿区芸能花伝舎にて行われた『第31回アクションライセンス認定会』の模様と参加者へのインタビューをお届け。また、後日公開の記事では、日俳連理事の高瀬将嗣と認定会審査委員長の崔洋一監督に、認定会発足のきっかけや今後の展望についても語ってもらっている。

アクション=演技と安全の審査

アクションライセンスの合格認定は、殺陣・技斗それぞれに初級・中級・上級の3つの難易度が用意されている。我々が取材したのは、午後に行われた中・上級の審査だ。集まった参加者は、男性9名、女性7名の計16名。年代は20代前半から30代後半までと、全体的に若い印象。また、審査を受けるためには日俳連への加入が必須(※第31回の認定会より日俳連未加入でも受講可能に)であるため、演技経験者と思しき人々が集まっていた。中には、ドラマや映画で顔を見たことのある俳優の姿もちらほら。もちろん、その面持ちは一様にして真剣そのものだ。参加者が思い思いに体をほぐす中、進行役の高瀬将嗣氏(日俳連・アクション部会担当理事)が登場すると、会場に緊張が走る。

挨拶もそこそこに、高瀬氏は大まかに3つの審査基準が説明する。高瀬氏が一番目に挙げたのは、「手=振付をきちんと覚えているかどうか」。二番目には「相手の手を覚えているかどうか。これはコンビネーションの問題です。例えば、相手が攻めてくる前に受けの体制に入っていると、予測しているように見えてしまう。また、相手が斬られる・殴られる体勢に入ってから動いているのでは、演技は成立しません」と丁寧に解説する。なるほど、芝居で自分と相手の台詞、どちらも覚える必要があるのと同じと考えればわかりやすいかもしれない。

さらに高瀬氏は、三番目=最も大切なこととして、「殺陣でも技斗でも、安全であることです」と、力を込めて語る。続けて、「格闘技や武道とは違います。競技ではなくあくまで演技ですので、安全を確保したうえで、表現が成立しているかどうか。これが出来ていないと、大きなマイナスポイントとなります」と、アクションならではの審査ポイントを挙げた。また、「殺陣の場合は、竹光と呼ばれる模造刀を使用します。これは、実際にガンガン打ち合うと、ハバキの部分から折れてしまいます。リアリズムがあったとしても、折れるほど力を込めて打ち合ってはいけません。また、技斗でもあざができるほど打ち合うのもおかしい」と具体的な解説も。

▲ カメラの画角について解説する高瀬氏

続いて高瀬氏は、審査員席の後方中央に設置されたビデオカメラを指さしながら、「まず、審査員がライブの状態で殺陣・技斗を判定します。同時に、定点で撮影したデジタルカメラの映像を観て、最終的な点数を判定します」と実際の審査の流れを説明。つまり、審査員の目から見たアクションだけではなく、映像としてどう映るかを意識しなければならないということだ。

高瀬氏は、「カメラ位置を意識できていないと、審査に落ちます。このキャメラは標準レンズ、つまり映画でいうと50mm。画角で言うと45度なので、90度の半分です。ここからですと、2列目のサイドの方は画角に入っていません。最後列のサイドは入っています」と、どの位置までが映像に収まるかまで丁寧に説明していた。そして、「この審査は、専門のアクションプレイヤー、あるいはスタントマンの技術を測る審査ではありません。俳優として、演技としてのアクションが成立しているかどうか。それを測るためのものです」と、念を押していた。

リハーサル、テストを経て本番へ

審査は、殺陣の中級・上級、技斗の中級・上級の順に行われた。とはいえ、いきなり審査がはじまるわけではなく、各級ごとに全員での手(振付)の確認、参加者1人につき10分程度の個別リハーサルを経てから、本番前に1回のテスト演技を行う猶予も。とはいえ、本番はやり直しなしなのでシビアであることには変わりない。

第31回アクションライセンス認定会 殺陣・技斗リハーサルのようす(YouTube)https://youtu.be/tTL6alAdZPg

殺陣・技斗ともに、中級は10手以上、上級は15手以上の振付が義務付けられているが、共通する演技も多い。殺陣のリハーサルでは、『ラスト・サムライ』『燃えよ剣』で殺陣指導を担当した森聖二氏(高瀬道場)が手本を見せ、「なぜこう動く必要があるのか」「こう動くことでどう見えるのか」と、振付の意図や結果まで丁寧に説明。参加者は、身体を動かしながら、思い思いに手を確認していた。

中級に参加するだけあり、どの参加者も手の確認は特に問題なく、スムーズにリハーサルが終了。本番では、手を間違える参加者はおらず、それぞれの熟練度や個性、バックグラウンドが垣間見える殺陣が展開していた。ただし、事前に説明のあったカメラを意識した芝居に慣れていない参加者も……審査員はどんなジャッジを下すのか。

今回、審査員に名を連ねたのは、審査委員長の崔洋一監督(『カムイ外伝』など)をはじめ、時代劇やアクション映画に造詣の深い映画監督、作家、脚本家、ライターなどが名を連ねている。崔監督は総評で、参加者が殺陣の中でどんなシチュエーションをイメージしていたかに言及。「街中での闘いなのか、郊外なのか、田舎道なのか……そういった場所によって芝居は変わるんです。私は城下町での出来事として見ていたんですが、そういう視点を持って欲しかった」とコメント。さらに、「映像では、半分くらいの人がラストの上段がバレている」と、カメラの視点を意識出来ていないことを指摘していた。

また、小説家・今野敏氏は「非常にレベルが高くて楽しませていただきました」と賞賛の言葉を送りつつ、「江戸時代の人たちは、ああいう手を振る歩き方はしません。避けたり躱したりといったところでも、所作が上手い人は刀の使い方も上手かった」とコメントも。脚本家の岡芳郎氏は、「最初に相手とすれ違うときに、何を見ているのかが気になりました。ぎこちなく真正面を見ている方が多かったですが、普通はそうはならないんです。どんな視線を送るかには、自分の履歴が表れるので」と、細かな所作を意識するようアドバイスしていた。

審査員の総評が終わると、なんとその場で結果の発表が行われることに。この日は殺陣・中級の受審者13名中、4名が合格。また、殺陣上級は4名が受審したが、今回は合格者はなしという結果に。しかし、いずれの受審者も合格点にわずかに及ばない程度の高いレベルに達しており、高瀬氏は次回の認定会への参加を勧めていた。

また、殺陣の後に行われた技斗の審査では、参加者がより安全面を意識する場面が目立った。殺陣にくらべて演者同士の距離が近く、サポーター越しとはいえ接触を伴うためだ。手の確認の段階でも、森聖二氏が「こう蹴ると危険」「ここはサポーターがあるから当てても大丈夫」と解説していた。

個別リハーサルでも参加者がサポーターの無い部位に蹴りを入れてしまう一幕もあったが、アクションに熟達した高瀬道場の殺陣師や俳優陣が丁寧に安全を指導。動きの確認だけにとどまらない、ワークショップ的なやりとりが、そこかしこで行われていたのが印象的だ。

技斗の審査では、殺陣のような所作の制約が少なくなったからか、審査員も演技・安全面に鋭い視線を注いでいた。審査委員長の崔監督は、中級の審査を終え、「一瞬の闘争心や恐怖感(を表現してほしかった)。ちょっと、手に流れ過ぎていた」とコメント。さらに、「プロテクターをつけているのに、それより少し低い位置を蹴っている人もいた。安全面に少し気を付けなければいけない」と指摘も。一方で、「短い時間でよく手を覚えてくださった。安心して見ていられました」と賞賛の言葉も贈っている。岡氏は、複雑な手を覚えた参加者を褒めつつも、「キャラクターとバックグラウンドが見えづらく、皆さんの頭の舞台設定が伝わってこなかった。そこまでやっていただけると、なおよかった」と総評している。直後に発表された技斗・中級の審査結果は、参加者7名中で合格者は1名。

後ろ回し蹴りなど、やや高度な技も振付に組み込まれた技斗・上級では、崔監督が「さすが上級、流麗ですね」と評するほど高レベルなパフォーマンスが続出する審査に。しかし、「レベルが高いからこそ、みなさんの個性が出ているかといったことを、どうしても要求せざるを得ない」と、合格基準自体も厳しくしたことを明かしている。結果、参加者4名中、1名のみが合格している。

▲リハーサル中のアクシデントで負傷した参加者は“ケガをした人物”を演じて審査を乗り切った

参加した俳優たちは何を感じたのか? 丞威×吉本実憂×齋藤めぐみインタビュー

アクションライセンスの審査自体は、ハッキリ言ってシビアと言えるだろう。しかし、殺陣・技斗に必要な「手順の記憶」「相手との調和」「安全性の担保」「キャメラ位置の把握」、そして、「演技の成立」についてまでを、リハーサルや審査の総評で知ることが出来るのは、アクションを志すものにとって非常に魅力的なのではないだろうか? この日、認定会に参加していた丞威(『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』など)、吉本実憂(『HiGH&LOW THE RED RAIN』など)、齋藤めぐみ(『劇場版仮面ライダーゴースト』など)の3名の俳優に、認定会に参加した感想を語ってもらった。

――なぜ、今回の認定会に参加しようと思われたのでしょうか?

齋藤:私は、アクションの稽古を始めてから1年ほど経った頃に、先生から認定会があることを教えていただいたのがきっかけです。「ちょっと受けてみよっかな」くらいの、すごく気軽な気持ちで来たのですが……思った以上に厳しいところだったので緊張しました(笑)。

一同:(笑)

吉本:私は小さい頃から合気道をやっていました。もともとは警察官になりたかったのですが、その夢は叶わずで。女優を始めてからは、アクション作品に出演したくて、稽古を始めました。履歴書に「アクションが出来ます」よりも、「〇〇級」と具体的に書けたほうが説得力があるので、認定会でライセンスをとろうと思ったんです。

――丞威さんは、これまで受けていなかったのが不思議なくらいですが。

丞威:ぼくはずっとアクション映画をやってきて、「アクション俳優」と言われているのに、「これ(ライセンス)を持っていないのはダメでしょう」と思っていたので、取りに来ました。ただ、そんなに簡単にとれるものじゃないとも思っていました。殺陣は、高瀬先生に「上級を狙って」と言われていましたが、中級を受けました。技斗のアクションには自信はありましたが、殺陣は全く別のものなので、今の準備期間だと上級は無理だと思ったんです。上級を受けるとすれば、ただ受かるだけじゃなく、誰にも文句を言われないようなレベルでないといけない、と。中級には受かりましたが、ギリギリでしたね。

――殺陣も技斗も、審査後にすぐ結果が発表されたのでびっくりしました。

丞威:自動車免許の発表よりも早かったです(笑)。

吉本:びっくりしましたね(笑)。

――結果はどうだったのでしょう?

齋藤:私は殺陣と技斗の中級を受けたんですが、どちらもダメでした。最初に受けるときはすごく緊張したんですけど、「もしかしたら受かるかも」と思っていたところがありました。でも、モニターチェックをしてみたら、自分の悪い部分がよくわかって。点数も教えていただけたので、課題が見つかりました。厳しい段階だということは再確認できましたし、もっともっと頑張りたい。先生は「スイッチになれば」とおっしゃっていたんですが、この試験は私が今後もアクションをやっていくにあたっての、スイッチになったと思います。

吉本実憂 殺陣・中級審査(YouTube)https://youtu.be/ZuD3N-VmXVM

吉本:私は、殺陣の中・上級、技斗の中・上級を受けて、どちらも中級だけ受かりました。上級は正直ダメもとで受けたんですけど、点数を教えてもらえたので。自分がどのレベルにいるのかをちゃんと知ることができたので、次回の12月の審査につなげようと思いました。私は、「男の人に負けたくない」という気持ちがすごくあるんです。合気道をやっているときも、いくら頑張っても力で負けてしまうことがありました。普段は、同じオスカーの女優さんたちとアクションの稽古をしているんですけど、今日の審査では男性も私たちと同じ手で立ち回り・技斗をやっていて……それを見て、あらためて、「もっと強くなりたい」「もっとアクションで魅せられるようになりたい」と思いました。

――丞威さんは殺陣の中級、技斗の中・上級、すべて合格されましたね。受けてみて、いかがしたか?

丞威:難しいと思いました。(映画やテレビの)現場であれば撮り直すこともできますが、認定会は一発勝負ですから。カメラの画角だったり、パンチ・キックがどう見えるか……例えば、かぶせる(当たっているように見える)パンチなんかは、練習の段階で映像を見ながらやらないとわからないと思うんです。ぼくも現場で経験して感じていたことなんですが、その場ではぎこちなく見えるものでも、映像だと成立するものもある。だから、今日の審査は日本のアクション業界にとっていいものだな、と思いました。ぼくは海外の撮影に参加して思ったのが、本当にテクニックがすごいということなんです。「カメラはここで、レンズはそれ」「じゃあ、ここだね」とすぐに判断できる、経験値がすごい。その経験を現場に行かなくても積めるというのは、素晴らしいことだと思います。その場で点数を聞けるのも、いいですよね。公開処刑のように感じるかもしれないんですけど(笑)。

一同:(笑)

丞威 殺陣・中級/技斗上級 審査(YouTube)https://youtu.be/sRIELrlvrWg

丞威:でも、あとから聞くんじゃなく、その場で「あの人はこういう点数なんだ」とか、「この人はここがダメだったんだ。じゃあ自分も気を付けよう」と意識するが出来る。相乗効果があるので、すごくいい機会だと思います。

――試験というより、ワークショップのような一面もあるように思いました。

丞威:リハーサルからすごく丁寧に教えて下さるので、びっくりしました。

吉本:ちゃんとアドバイスしていただけるので良かったです。

――審査で重要視される“演技としてのアクション”は、みなさん普段から意識していらっしゃいましたか?

齋藤:以前から意識してはいたんですけど、それが伝わらなかったらしょうがないんですよね。自分としてはこう表現したつもりなんだけど、伝わらなかった、とか。「こうやったら伝わらない。こうすれば伝わる」ということも具体的にわかったので、とても勉強になりました。

吉本:私の思い込みかもしれないんですけど、今日はいつも以上に命を狙われているような空気がありました。いつもより集中することができましたし、練習のときにももっと真剣にやろう、という気になれました。

丞威:ぼくは形から入る人間なんです。現場に入って、メイクしてもらって、衣装を着て……という、キャラクターが出来上がった状態で、「このキャラクターとしてアクションをする」ことが多い。今回は動きに集中しすぎたのが、ちょっと失敗だと思いました。次回からはレッスン着じゃなく、例えばチンピラのような服を着たりして、キャラクターを作って受けようかな、と思いました。もうひとつ、自分が一番勉強不足だと思ったのが、所作ですね。時代劇だと、その時代の歩き方や立ち居振る舞いを理解していないと、そこから崩すことが出来ないじゃないですか。やりたいことがあっても、凝り固まってしまって、アクションの手にもぎこちなさが出てしまう。殺陣の技術だけじゃなく、所作からもっと勉強しないとダメだな、と思いました。

――最後に、これからアクションライセンスを取得しようとされている方たちに、メッセージをお願いします。

齋藤:私は女優のお仕事に活かしたくてアクションを始めました。始めてみたんですけど、さっき実優ちゃんが言っていたように、「やっています」だけじゃ、使うほうも使えないと思うんです。少しでもアクションをやろうという役者さんは、級という形、資格として持つと有利になると思うので、受けるといいんじゃないかと思います。

吉本:楽しくなければ続けられないので、楽しく、真剣にアクションに取り組まれる方が増えればいいな、と思っています。認定会は、役者としても、すごくシビアに点数を付けられるので、自分の力を知ることが出来る、素晴らしい場所だと思います。

――受験料もそれほど高くないので、何回も再受験すればいいですよね。

吉本:(笑)

丞威:何回でも受ければいいですよね。以前の取材でも話させていただきましたけど、アクションをやりたい方は、どんどんやって欲しいです。先日まで、アジアの色んな国を廻っていたんですけど、日本が一番アクションに興味がないんじゃないかな、と思いました。今、インドネシアとかすごいんですよ。例えば、日本には空手というものがあります。空手が映像には映えないものだというのはわかるんですが……これだけ素晴らしい文化があるのに、なぜ日本の人たちだけ興味がないんだろう?と思うんです。高瀬先生も、日活、東映でずっと日本映画のアクションを支えこられた方です。こういう人や技術を残していかないと、もったいないと思うんですよね。だから、もっと日本から「アクション俳優」と呼ばれる人が出てきてほしい。

――たしかに、認定会で審査する技術は、日本独自のものですね。

丞威:アジア人にとって、アクションという表現はハリウッドに一番近い道だと思うんですよ。どんなに頑張っても、芝居で活躍できる範囲は限られているので。それと、ディズニーの『アラジン』のジャスミンなんかを見ていても、以前よりも女性が活躍する機会が増えてきていると思います。だから、男女関係なくアクションに挑戦して欲しい。それに、間合いだったり、タイミングを覚えれば、アクション以外の芝居も変わってくると思います。今回の審査でいいな、と思ったのが、シビアに点数をつけられるところです。そう簡単には「アクション俳優」にはなれないということは、色んな人たちに知ってもらわないといけない。

――アクション俳優と、アクションのできる俳優は違いますものね。とはいえ、齊藤さんや吉本さんのようにアクションに真剣に取り組んでいらっしゃる方がいて、嬉しかったです。特に、吉本さんは、『HiGH&LOW THE RED RAIN』でアクションしていなかったのが不思議なくらい。

吉本:そうなんですよ!アクションせず、見ていただけでした(笑)。本当はやりたかったんですけど。

――みなさんの次回作が楽しみです。

2019年12月7日(土)に開催された『第32回アクションライセンス認定会』には、吉本が再び参加。殺陣・技斗の上級審査を受け、どちらも見事に合格。総合上級ライセンス資格の保持者となっている。2020年以降の開催予定は、随時アップされる日俳連アクション部会公式サイトを確認しよう。

取材・文=藤本洋輔  動画・スチール撮影=オサダ コウジ

大阪生まれ京都育ち。映画館→アニメ映画制作会社→レンタルビデオショップ→WEB編集・ライター。アクション映画が専門分野。趣味はボルダリングとパルクール(休止中)。TRASH-UP!!( http://www.trash-up.com/ )などで主にアクション作品を紹介しています。ほか、SPICE( http://spice.eplus.jp/spicers/45/articles )でも。 執筆・などのご依頼は [email protected]

ウェブサイト: https://goo.gl/Apqatq https://goo.gl/dmUvAA

Twitter: @fujimonpro