「お醤油を全員に気付かれるくらいの量」「そんな鶏の唐揚げの物語でした」滝沢カレン節炸裂の唐揚げレシピに反響

滝沢カレンさんが公開した唐揚げのレシピが話題になっている。

件のレシピはカレンさんが11月22日に自身のInstagram上に投稿したもの。

「ヘルシーに見えてそうじゃない、
高カロリーに見えてそうでもない、

どちらも決めるのは胃袋ですってことにします😊

今回はただただ食べたい知らない人を知らない、唐揚げを久しぶりに作ってみました🥰」
(※冒頭のみ抜粋)

https://www.instagram.com/p/B5ILCYhF1vA/?utm_source=ig_web_copy_link

冒頭部分だけでも翻訳サイトで英語を機械的に和訳したかのようなグラグラした不安定さを感じるが、この後も

「私は味濃いのが好きなので今から話すことは味濃いと思いながら聴いてください。
薄いのが好きな方はこれから話すよりは自分で決めて下さいね😊」

「やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に上からいくつかかけ流していきます🙇🏼‍♀️ まずリーダーとして先に流れるのは、お醤油を全員に気付かれるくらいの量、お酒も同じく全員気付く量、乾燥しきった粒にみえる鶏ガラスープの素をこんな量で味するか?との程度に、ふります。」

「わぁもういい匂いだお腹すいた!と笑顔になる方は、そのまま30〜60分冷蔵庫にて鶏肉を休ませてあげて下さい。」

など独特のカレン節は続く。いずれも何をどうすればこういう表現になるのかわからないが、一つ断言できるのはカレンさんは天才であるということだ。

カレンさんの投稿に対しInstagram上では大きな反響が起こっている。

「笑い過ぎて😂😂😂全文読んでしまいました‼️物語ですね☺️🌹😉」

「感動しましたね。めっちゃ頑張ってくれたんやって。ほんま真剣に唐揚げと向き合ってくれたんやって。ほんまに、ありがとう🌹」

「カレンの台所おもしろいw
唐揚げおいしそうー!
カレンの料理本出版待ってます📚」

「素晴らしく🌈可愛い🌈鳥の唐揚げのストーリー飲み感謝☺️
いつもあなたは素晴らしいエンターテイナーです。」

「料理が楽しくなるような表現で、笑いながら読みました🤣👍👍久しぶりに唐揚げ作りたくなりました❤️」

日本生まれ日本育ちのカレンさんだが、それを感じさせぬ自由な日本語力はこれまでにもバラエティー番組などで話題になっていた。そして今回のレシピ……。これからもカレンさんがカレンさんらしい感性のまま生きていけるよう願ってやまない。

※画像はInstagramから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo