川谷絵音さんがハンバーグ師匠をプロデュース 「TOKYOハンバーグ」配信スタート

10月31日、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんがプロデュースしたハンバーグ師匠feat.OZAWAのデビュー曲「TOKYOハンバーグ」が配信リリースされた。

ハンバーグ師匠と言えばお笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤さんが扮する人気キャラクター。

今回のリリースは年始の「ダウンタウンDX」(読売テレビ)で川谷さんと共演した井戸田さんが「ハンバーグ師匠の曲を作ってほしい!」と交渉し、約半年の制作期間を経て実現したということだ。

『【公式】TOKYOハンバーグ ミュージックビデオ/ハンバーグ師匠 feat.OZAWA【DXver.】』
https://youtu.be/KO9gVzVTRcU

楽曲は相方の小沢一敬さんもフィーチャリングとしてコーラス参加する力の入れようだが、西部のあらくれ男風のハンバーグ師匠にまったく似合わぬアーバンかつメロウな仕上がり。

川谷さんがなにをイメージしてこの曲を作ったのかわからないが、TwitterなどSNS上では井戸田さん、川谷さんファンを中心に大きな反響が起こっている。

「ハンバーグ師匠なのに無駄にオシャレで変な気分w」

「TOKYOハンバーグ
ハンバーグ師匠がただただハンバーグについて歌う。コーラスの小沢さんも素敵w こういうの好き。」

「ハンバーーグ!!
ハンバーグ師匠のあれ、ずっと何が面白いの?と思っていたけど、長い間繰り返し聞いているうちに耳が慣れたのか、なんかおもしろいヤツなんだろーなと思えてきた。あたし、ダメ?」

「川谷絵音のハンバーグ師匠
才能の無駄遣いって言っていい…の?」

はたしてハンバーグ師匠の音楽分野でのさらなる展開はあるのだろうか。

※画像はYouTubeから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo