「いきものがかり」が「ひとり後部座席」に改名?! 滝沢カレンさんのネーミングセンスに絶賛の声

人気音楽グループいきものかがかり水野良樹さんが自身のTwitter上で、10月8日放送の「BSいきものがかり」(BSフジ)のゲストに滝沢カレンさんを迎えた際のエピソードを披露し話題になっている。

水野さんのツイートによると滝沢さんは「いきものがかりグループ名を変えるとしたら」と問われ「ひとり後部座席」と即答。

水野さんはしばらくこのグループ名を使用することも視野に入れているという。

「滝沢カレンさんに「いきものがかりが、グループ名を変えるとしたら、何がいいですかね?」と聞いた。

彼女は即答してくれた。

「ひとり後部座席」

しばらく、この名前でやってみたい。」

https://twitter.com/mizunoyoshiki/status/1181591763795902466

たしかにいきものがかりの3人が車に乗るなら、ボーカルの吉岡聖恵だけ後部座席に座りそう……なぜだかわからないが。滝沢さんの絶妙なネーミングセンスにTwitter上では大きな反響が集まっている。

「ほんと”3人”を的確に表した名前ですよね。しかもじわじわと来ます😁
無難な何かかと予想してたので、やられました😆
滝沢さんすごい」

「『ひとり後部座席』

『さきのりがかり』(´;ω;`)」

「Twitterの名前をしばらく「水野良樹@ひとり後部座席」なんてしてみたらどうでしょう」

「すごい
絶妙にセンス良い」

「滝沢カレンって前からいいなぁと、思ってたけど一層好きになった🎶」

「ひとり後部座席」が実際に新グループ名として使用されるか注視していきたい。

※画像はinstagramから引用しました
https://www.instagram.com/p/B3WmO00FW7n/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo