タピオカ大量廃棄! 韓国でタピオカミルクティーがとんでもないことに

  by 鎮目博道  Tags :  

大量の売れ残り? 店の前にタピオカが捨てられていた…

まずはこの写真をよーく見てほしい。これ、実は袋に詰められた大量のタピオカだ。撮影した場所は、韓国・ソウルの梨花女子大そばのタピオカミルクティーを売る店の真ん前。

ちょっとズームアウトしたこちらの写真だと、街路樹の下であることがわかるだろう。

月曜日の昼すぎに、この状態ということは、日曜日に予想以上にタピオカミルクティーが売れ残ってしまったのではないかと推測できる。

日本では大行列の店もガラガラ

私は今回、3日間ソウルに滞在したが、その間に見たタピオカミルクティー屋さんには、ほぼ全てお客さんは入っていなかった。ソウル駅にはとある「日本では必ず行列ができる超有名タピオカミルクティー屋さん」が入っているのだが、そちらも日曜日の昼少し前にもかかわらず、入っていたお客はわずか2人だったので、思わず目を疑った。

韓流グループの追っかけをしている30歳の日本人女性はこう話す。

「最近あの店はいつもガラガラです。この間、夜にお店に行ってタピオカミルクティーを注文したら、“ない”と言われました。“これから作るので30分くらい待ってほしい”というんです。ありえませんよね? タピオカミルクティー屋さんにタピオカミルクティーがないんですよ?」

「タピオカはハイカロリー」説に韓国女子ドン引き

なぜ韓国でこのような事態になってしまったのか? メディア関係の韓国人女性に聞いてみると…

「実は今年の夏くらいまでは、ソウルでもタピオカは大流行していました、しかし、タピオカミルクティーはハイカロリーだということが言われ始めて、今では急速にブームが去ってしまったのです」

美容にとても気を遣う韓国人の若い女性たちが、カロリーを気にして一斉にタピオカミルクティーに愛想を尽かし、日本より一足先にブームが終わってしまったということらしいのだ。

しかしその一方で、我々はこんな光景も目にしている。

駅のゴミ箱には大量の飲み残しが!

こちらは「弘大入口(ホンデイック)駅」という、学生や若者で賑わう町にある地下鉄の駅のゴミ箱の写真だ。コーヒーの容器もあるようだが、飲み残しが入ったまま捨てられたタピオカミルクティーのプラスチック容器がたくさんゴミ箱のフチに並べられている。

それを片付ける清掃員の女性は、ゴミ箱の中からも容器を取り出し、手でタピオカだけ分別して処分しているようだ。先程の、韓流好き日本人女性によると、「この駅のゴミ箱はいつもこんな感じ」なのだという。

そして、メディア関係の韓国人女性はこう話す。

「韓国では日本と違ってタピオカミルクティーのゴミについてはまだ問題になっていません。だから気にせずに捨てているのではないでしょうか」

皮肉にいえば、これだけのゴミが出るくらい、韓国にもまだタピオカミルクティーを飲む人もいる、ということか。いずれにしろお隣韓国では、タピオカミルクティーをめぐる状況は、日本とはずいぶん違うことになっていた。

テレビプロデューサー、顔ハメパネル愛好家。1992年テレビ朝日入社。社会部記者として阪神大震災やオウム真理教関連の取材を手がけた後、スーパーJチャンネル、スーパーモーニング、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。中国・朝鮮半島取材やアメリカ同時多発テロなどを始め海外取材を多く手がける。また、AbemaTVのサービス立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などの番組を企画・プロデュース。2019年8月に独立し、放送番組のみならず、多メディアで活動。公共コミュニケーション学会会員として地域メディアについて学び、顔ハメパネルのメディアとしての可能性をライフワークとして研究、記事を執筆している。

ウェブサイト: https://shizume.themedia.jp

Twitter: @shizumehiro

Facebook: https://www.facebook.com/shizumeh