「10年後のあなたは今どこで何をしていますか?」 小豆島の景勝地に突如あらわれたタイムカプセルが話題に

映画「二十四の瞳」の舞台にもなった景勝地、小豆島のエンジェルロードにて10年前に埋められたタイムカプセルが発見された。

小豆島とのしょう観光協会のツイートによると、タイムカプセルは発見当時、片側が埋まっていたということで、流れてきたのではなく深く埋めていたものが潮の満ち引きによって10年振りに地上に現れてきたもののようだという。

スヌーピーがデザインされた赤い缶の中には、2009年5月5日の日付で「自分へ」などと書かれた3通の手紙が入っており、同観光協会では持ち主特定につながる情報を募集中だ。

https://twitter.com/angelroad7/status/1181023289872769025?s=19

「[拡散希望]
先日エンジェルロードにタイムカプセルが流れ着きました。
中には手紙が入っており、日付は今から10年前の2009年のものです。出来れば書かれた方にお返ししたいと思っています。思い当たる方はとのしょう観光協会までご連絡ください。」

https://twitter.com/angelroad7/status/1181080859429851136

10年後のあなたは今どこで何をしていますか?

10年前の持ち主たちは将来についてどんな夢や希望をもっていただろうか。そして、いまどんな大人になっているのだろうか。

美しい砂浜に突如あらわれたロマンティックなタイムカプセルにTwitter上では大きな注目が集まっている。

「ナイトスクープ行きやろこれは」

「そもそも覚えているかな…
これを流したのが8歳なら今は18歳、選挙に行ける歳。分かるかなぁ…」

「こういうこいいなぁー
昔、むかしに書いたことある」

「もしかしたらタイムカプセルの人たちの世代じゃないかもしれないけど、今年の8月に発見されたら(あの曲じゃないけど)ちょうど10年後の8月だったんで、感動的な再会だったかも。」

「地元がバズって嬉しい
エンジェルロード以外も綺麗なんで是非観光に来てください。
バズってたので宣伝してみました。」

少しでも多くの情報が集まり、タイムカプセルが早く持ち主の元に戻ってほしいものだ。

※画像はTwitter(@angelroad7)から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo