東京の水辺空間・天王洲の挑戦。運河を活用した“アート体験”をレポート!

一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会は、2019年10月5日(土)・6日(日)の2日間、天王洲運河の水辺空間を活用したプロジェクト『天王洲・キャナルアートモーメント2019』を開催。イベント初日、現地取材に参加してきたのでレポートします。

寺田倉庫が仕掛けるプロジェクトの力もあり、最近では天王洲=アートな街としてのイメージが高まっているように感じていますが、今回のイベントではどんな“アート体験”が出来るのでしょうか。

今回のアートモーメントプロジェクトは、運河上に係留した台船を特設ライブステージとして活用し、運河沿いのビル壁面を利用したプロジェクションマッピングの演出やアーティストによるパフォーマンスなどを通して、“日本文化とアートの発信と体験”を促進するという初の試みなんだとか。2019年の12月中旬までの期間は、この運河周辺空間を活用したミニイベントを随時開催予定だということで、いよいよ開催が目前に迫る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに先駆けて、訪日外国人への注目を集めたいという狙いもあるのかもしれません。

開会セレモニーでは、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣の橋本聖子参院議員らが登壇し、イベント当日の10月5日は、本人の誕生日だという話で会場を沸かせていました。イベントのメインMC にはTVやCM、イベントMCなどで活躍するクリス・ペプラー氏が迎えられ、個性豊かなアーティストたちによるエネルギッシュなパフォーマンスが約2時間に渡って披露されました。

出演アーティストは、大井権現太鼓保存会・KAGUZUCHI・たをやめオルケスタ(5日のみ)・Gentle Forest Jazz Band(6日のみ)の4組。品川区にゆかりのある演者や、日本文化の体現に適したアーティストを起用しているように感じます。品川区の『秋の運河花火まつり2019~しながわ水辺の観光フェスタ~』の花火大会や、ボードウォークを活用した天王洲のお祭りである『天王洲キャナルフェス2019秋』の開催日とも重なっていた関係で、会場は老若男女、外国人の姿も見受けられ、大勢の人々で賑わっていました。

ワークショップの体験や、アートなフォトスポットも点在していて、写真映えするスポットがたくさんありました。常設しているアートもいくつかあるので、イベントが開催されていない時期でも楽しめそうです。

陽が落ちてきた時間帯の天王洲運河沿いの夜景はなかなか綺麗でした。
アートモーメント中のパフォーマンスの様子を少しだけご紹介します。今日は花火大会も開催されていたので、花火とパフォーマンスのコラボレーションという贅沢さ。どちらに集中したら良いのか迷ってしまう瞬間も。(笑)

こちらは、大井権現太鼓保存会のパフォーマンス。力強い和太鼓の音色が響きました。

KAGUZUCHIのつくる炎の“アート”は圧巻!

屋形船からパフォーマンスを見ている方もいらっしゃったようで、とっても気持ちよさそうでした。気候の良い夜の屋形船は最高ですね。ちなみに天王洲での屋形船 乗船プログラムは、訪日外国人向けに10月8日(火)から2020年3月まで毎週火曜日に実施されるそうです。羽田空港からもアクセスしやすいエリアですし、人気が高まりそうな予感。

朝から晩まで天王洲で過ごした1日でしたが、様々な催しぎゅっと詰まっていたおかげで様々な角度から“天王洲アート”を感じることができました。アートモーメントのイベントは2日目、2019年10月6日(日)も開催されますので、ぜひアートな秋の夜長を過ごしに行ってみてはいかがでしょうか。

※画像は天王洲・キャナルサイド活性化協会より公式配布されたものを掲載しています

エンタメやグルメなど。面白いか、かわいいか、かっこいいか、おいしいか。

Twitter: kobayashiaoto