ファミマ店員が駅の改札業務も!? 鉄道ファンの間で近鉄伏屋駅が話題に

8月7日、Twitterユーザーである鉄道ファンの「京急を愛すTX User」さんのツイートが大きな注目を集めた。

ツイートに添えられたのは、名古屋市の近鉄伏屋駅に貼りだされた掲示物の写真。

掲示物には

「当駅には次の時間、ファミリーマート係員が改札業務を行っております。

6時00分頃~23時00分頃

◆ご用のお客さまは、ファミリーマートの「近鉄ご案内窓口」用呼び出しボタンでお知らせください。」

などと書かれてある。

https://twitter.com/TXUser2/status/1158881958224490496?s=19

そう、近鉄伏屋駅ではなんと併設されたファミリーマート近鉄伏屋駅店の店員さんが改札業務を担当しているというのだ。

近年コンビニはチケット発行、宅配便の受け付け、公共料金の振り込みなどありとあらゆる提携サービスをこなすようになったが、駅の改札業務までやってしまうというのはなかなか聞いたことがない。今回のツイートに鉄道ファンからは大きな反響が集まっている。

「6時00分までと23時00分以降はどーせ無人ならオールで無人でいいやん」

「京急は駅員がコンビニの店員をやってますね」

「田舎では駅に隣接した土産物屋で切符売ってたりするぞ、たまに行ったら飯食ってたり」

「この案内があるのは伏屋駅(名古屋市中川区)ですね。駅にファミマが同居(というかファミマが簡易的な駅業務を行っています)していますし。

※同じタイプの駅が近鉄鈴鹿線の鈴鹿市にもあります。」

「近鉄のファミマは単なるファミマじゃなくて、(株)近鉄リテーリングが経営してる近鉄の店舗ですからね。鉄道部門とは別ですが。」

都市圏では駅にコンビニはつきもの。運営面で提携できればたしかに効率は良いのかもしれない。

なお現在ファミリーマート近鉄伏屋駅店ではパート・アルバイトスタッフを募集中。

https://twitter.com/TXUser2/status/1159018520773947392

鉄道を愛し、鉄道に関わりたい方にとってはうってつけの職場ではないだろうか。

※画像提供:京急を愛すTX User(@TXUser2)さん

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo