哀川翔さん入手の激レアカブトムシ画像に大反響 学者から研究の協力依頼も

  by 中将タカノリ  Tags :  

8月3日、カブトムシ好きなことで知られる俳優の哀川翔さんが自身のTwitter上で、非常にめずらしい形状のカブトムシを入手したことを明かした。

https://twitter.com/AikawaInfo/status/1157467154045816832?s=19

「ツノが7つに分かれたカブトムシが届きました!!
こんなカブトムシ見たことない!!」

ツイートに添付された画像にはツノが7つに分かれたカブトムシの姿。たしかに日本で一般的に見かけるカブトムシと比べてツノの形がはるかに複雑だ。カブトムシ通の哀川さんですら見たことがないというのだから、これは相当なレア度なのだろう。

Twitter上ではこのツイートに対し

「どことなく漂うウルトラマンレオ感」

「翔さんみたいに唯一無二の存在感をもつカブトムシですね

この子の子供が同じになるか見てみたいので、ブリードよろしくお願いします^_^ 哀川王冠血統の誕生を夢見ています!」

「めちゃくちゃすごいですね!
僕もカブトムシなら生涯1000匹越えるか越えないかは見たことがありますが、7つ角がはえてるのは見たことがなかったんで感激しました」

などさまざまなコメントが寄せられているが、中にはなんと大阪大学でカブトムシを研究しているという生物学者の近藤滋氏から研究への協力を請うコメントも。

https://twitter.com/turingpattern/status/1157599391961587714

「大阪大学で、カブトムシの角がどうやってできるかを「ガチ」で研究している者です。研究室URL(https://t.co/vfPKvwO3F3)もし可能でしたら、このカブトの3DデータをCTで撮らせていただけないでしょうか?研究の内容はhttps://t.co/ZFDkmZAkEk
をご覧ください。」

哀川翔さんのカブトムシ愛が学界に貢献する日が来たのかもしれない。

※画像はTwitterから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo