松本人志さんが宮迫さん田村さん記者会見を受けツイート!救済を期待する反響多数

7月20日、人気タレントの松本人志さんが、後輩の宮迫博之さん、田村亮さんらが一連の闇営業問題に対し自主的に謝罪会見を開いた問題について自身の『Twitter』上で発言した。

「後輩芸人達は不安よな。

松本 動きます。」

https://twitter.com/matsu_bouzu/status/1152533522638204928?s=19

両名は今回の会見を決行したことで所属先の吉本興業から契約解消されているが、記者とのやり取りでは元ダウンタウンのマネージャーである岡本昭彦社長はじめ経営陣への不満と不信感を包み隠さず吐露している。

『宮迫博之さん・田村亮さん記者会見の概要 吉本興業への不満、不信感隠さず』
https://getnews.jp/archives/2182586

松本さんは以前より、事態が難局を迎えた際は自ら行動する意志があることを表明していた。

期待を裏切らない松本さんのツイートにファンからは

「宮迫さん達は立派に会見したと思います!なんとか復帰の道を作ってあげて欲しいです。
松本さんお願いします!!」

「宮迫さんたちに謝罪する場が今日出来たことで誤解してた部分が解けたと思います。
追い詰めるのではなくやり直すチャンスをあげて欲しいです。
宮迫さん、亮さんの反省して涙を流す姿を見てこんなに謝ったのに会社を追われてしまった姿が悲しくて仕方ありません。お力になってあげてほしいです。」

「岡本社長のパワハラに言えるのは松本さん、浜田さんしかいないでしょうね。
「テープ回してないだろな」は相当ヤバいですね…」

「吉本の社長、松本さんの元マネージャーの岡本何とかしてください。
岡本は絶対に許せないです。」

「松本さん・・・さすがやわ。
昔、2丁目劇場の近くで妹が車にひかれそうになったのを松本さんが「危ない!」って手を引っ張って助けてくれたのを思い出しました😌✨
今更ですがあの時はありがとうございました!
あの時も・・・今も・・・松本さんは神です。」

「彼らがやったことはダメなことです。擁護する気はないですが、あの謝罪会見で彼らは本当のことを言っていると感じました。まずは吉本興業が変わるべきです。過ちを犯した人を排除して終わりではないはずです。」

など宮迫さん、田村さんの救済や吉本興業内部の調整を願う声が多数寄せられている。

明日、7月21日には松本さんがレギュラーで生出演する情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ)の放送もある。事態は果たしてどんな展開を見せるだろうか。

※画像は『Twitter』から引用しました
https://twitter.com/matsu_bouzu

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo