吉本興業が宮迫博之さんとの契約解消 Twitter上では賛否両論の声

7月19日、吉本興業が所属タレントの宮迫博之さんとの契約解消を発表した。

宮迫さんは2014年頃、カラテカ・入江慎也さんらと共に振込詐欺グループのパーティーに出席し報酬を受け取っていたことが発覚し今年6月から謹慎中。受け取った報酬額を税務修正し詐欺の被害者団体に寄付をおこなうなどしていたが、7月19日発売の週刊誌FRIDAYでは2016年にも別の反社会的勢力と飲食店で同席し報酬を受け取っていた疑惑が報道されていた。

以下は吉本興業から発表されたリリース全文。

宮迫博之(雨上がり決死隊)、マネジメント契約解消のご報告

弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました。

宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました。

多くのファンのみなさま、関係各位に多大なるご迷惑ご心配をおかけしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます。

この発表に対しTwitter上ではファンから驚きと悲しみの声、また吉本興業や宮迫さんの対応を批判する声が多数上がっている。

「そっか宮迫さん契約解消したのか😭(引退はしないのかな?)
小学生の頃水10ワンナイ本当に大好きで全てが僕の力になるは良く聴いてたし大好きだった。
「許せない事があってもテレビのニュースに怒ってもやりきれない心のモヤモヤも全部ひっくるめて力にすればいい」ってフレーズはタイムリー過ぎる😭」

「引退したから許されるなんて思うな。家族にも、嘘ついて得たお金寄付したからと。なんだそれ💢
騙された人に謝罪会見もなし。吉本事態も最低な会社だ。」

「宮迫の人間性は苦手やったけど、お笑い、吹替はほんまに好きやった。
自業自得ではあるけど、さみしいなー。」

「山口達也にしろ宮迫にしろやっぱり初手が大切だよなぁ
保身に走って最初から全部が言わないとかごまかすとか
まるで浮気バレた時と同じだよ
連絡しただけとか、会ってご飯食べただけとか、実際のことは後でばれるのに」

「これで世の中の人は満足なんだろんか? 正論で責めて人を落とすほうが怖いと感じる。転んだ人に手を差し伸べるそんな寛容な世の中がいいな。なぜに世の中は聖人君子をそんなに求めるのか?自分がそうじゃないと分かってるのに。 」

「宮迫…。別に好きとかじゃないけど、オフホワイトを引っさげて復活した時の立ち回りは本当に素晴らしかったし、またあんな感じで戻ってきてくれると思ってたんだけどな。もう謹慎キャラで生きていけばよかったのに。」

なお本件に関し吉本興業は記者会見の予定はないとしている。

※画像は『吉本興業』公式サイトから引用しました
https://www.yoshimoto.co.jp/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo