銀座のど真ん中!ハイアットセントリック銀座 東京の朝食

2018年。銀座に新しくできたホテル・ハイアットセントリック銀座。

ホテルで朝食会を100回以上開催した中、この場所の感想はといいますと…

銀座のど真ん中のホテル

実は、銀座というのは大規模なホテルがほとんどなかったりします。

理由はいくつかあると思いますが、地価が高いので広い土地が確保できないとか、あとは景観保持の問題とかが原因でしょう(実際に高層ビルの多い新橋ですとホテルが多くあります)

そんな状況でオープンしたのは2018年。余談ですがハイアットセントリック銀座は同ホテルチェーンの中でもアジア初進出だそうです。ホテル激戦区である香港やタイに先駆けての進出は、2020年のオリンピックを見据えた開業といったところでしょうか。

他の建物の景観に溶け込んでいるような感じで、うっかりすると素通りしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。場所の確認はしっかりと行いましょう。

さすがのハイアットクオリティ!

東京にあるハイアット系列のホテルとしては、

・パークハイアット東京(新宿)
・ハイアットリージェンシー東京(新宿)
・グランドハイアット東京(六本木)
・アンダーズ東京(虎ノ門)

があります。基本的にハイアット系の朝食は非常にクオリティが高いのですが、ここハイアットセントリック銀座もやはり非常にハイレベルです。

朝食にドーナツ

朝食にドーナツ!いままで200軒近いホテルの朝食を訪れてきましたが、これは完全に初体験です。

焼きそばにキッシュ。これも朝食メニューとしてはかなり珍しい方。

エッグベネディクト。通常は卵料理のオプションとして選ぶことも多いのですが、ここでは食べ放題です。

もちろんオムレツも。

朝から黒毛和牛カレー

黒毛和牛カレー。

朝カレーというのは朝食バイキングで見かける事も少なくありません。が、ただのカレーではありません。

黒毛和牛

です。

デザートにわらび餅

わらび餅

これもホテルの朝食としては初体験。ランチビュッフェとかには結構あったりしますが、朝食では見かける事は基本的にないでしょう。

スムージー。緑のは小松菜のスムージーです。

健康に良さそうだったのでいただきます。

分厚いグラスでホットカフェオレ。

手で持ってもグラスの熱さを感じさせない、うれしい仕掛けです。

参加者の方に撮影させていただきました。

(総評)料理の質は最高!結構穴場かも

前述のとおり銀座のど真ん中にあり、うっかりすると見逃してしまうような場所にあります。

また、比較的小規模な作りのため、大勢のツアー客が宿泊する場所としては適さないのかもしれません。

そのため、

・混雑しにくい
・知る人ぞ知る場所

というメリットがあります。

知っておくと「意外と通」に思われるかもしれません。たまには早起きして、普段とは違った一日を過ごされてみては如何でしょうか。

他の写真はwebにて。
https://www.w-plusweb.net/2019/07/15/post-1082/

ひが光司@朝食旅人

早起きのためにホテルの朝食巡りをはじめ、「金なし、コネなし、キャリアなし」の状態から朝食会をはじめとする交流会を100回以上開催。 「名刺、自己紹介なし」をコンセプトに出会った相手はごく普通の人からベストセラー作家、カリスマセミナー講師まで500人を超える。   現在は「初対面の相手と「名刺、自己紹介なし」で2時間話す方法」のコミュニケーション方法も指導中。最近、-15kgのダイエットに成功した。   ブログ「東京ホテル朝食日記」(https://ameblo.jp/hotelmo/)は2008年より連載。 電子書籍「ブログが続かなかった私が10年間ブログを書き続けてみてわかったこと」amazonランキング1位獲得(オンラインマーケティング部門)

ウェブサイト: https://www.w-plusweb.net/

Twitter: hotelmo100

Facebook: koji.higa