『YouTube』チャンネル『ザ・きんにくTV』で人気再燃? なかやまきんに君の現在

7月2日、お笑いタレントのなかやまきんに君さんが自身の『Twitter』上で、『YouTube』のチャンネル登録者数が20万人超えしたことを報告した。

「きんにくTVがチャンネル登録数が20万人にいきました。
ご覧頂いた皆様、ありがとうございます😊
これからもよろしくお願い致します。
パワー
なかやまきんに君」


https://twitter.com/kinnikun0917/status/1145931194057424896

きんに君さんと言えばお笑い界を代表するマッスル芸人。最近はテレビで見かける機会が減り、急速にマッチョ化した松本人志さんにその地位を奪われたのかと思いきや、さらにその上を行くマッスルぶりを発揮していたわけだ。

きんに君さんは2000年代に吉本新喜劇や数々のスポーツバラエティ番組で一世風靡したのちアメリカに留学。2011年には尊敬するアーノルド・シュワルツェネッガーさんの出身校、サンタモニカ市立大学を卒業し、以後は東京を中心に芸能活動を再開している。

近年は各地のイベント出演やテレビの単発出演もじわじわ復調しているが、とりわけ目覚ましいのが冒頭でふれた『ザ・きんにくTV』でのYouTuber活動。

1週間に約2本のペースで世界のボディービル情報やトレーニング情報の紹介番組を公開し、それらが軒並み数十万回再生の大反響を得ているのだ。

『【マッスルビーチ】ついに来た、聖地マッスルビーチジムで筋トレ&筋肉取材。一体どんなマシンがあって、どんなマッチョがいるのか?最後のおまけ映像も見逃せない。 』(YouTube)
https://youtu.be/LPmR8SqDQ1g

2019年5月7日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(AbemaTV)で明かした直近の月収は、同年代の中堅芸人としてはそこそこイイ線の80万円

きんに君さんこそ最近注目されつつある“〇〇芸人”の元祖かつ代表格と言えるかもしれない。

※画像は『YouTube ザ・きんにくTV』から引用しました
https://youtu.be/LPmR8SqDQ1g

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo