『闇金ウシジマくん』会員制スナック開店に向けクラウドファンディング開始! 『Twitter』上ではぼったくり恐れる声も……

15年にわたる長期連載を終え、今年3月に惜しまれつつ完結した漫画『闇金ウシジマくん』(小学館)。作品としてはいったん幕をおろすことになったが、ファンからの“ウシジマくんレス”の声にこたえ、このたび作品をモチーフにした期間限定スナックの開店が企画されていることがわかった。

スナック開店予定地はウシジマくんのメッカとも言える歓楽街、新宿歌舞伎町。『Makuake』で7月1日に公開したプロジェクトで会員権を取得した人だけがたどり着ける完全シークレット空間で、そこでは“カウカウファイナンスの債務者”設定の女性スタッフにかしずかれながら、きなくさいディープな夜を過ごすことができる。

闇金業界をコワモテと暴力で生き抜くウシジマくんがモチーフだけに『Twitter』上では

「ウシジマくんのスナック。 開いたら会費いくらなんだろう。 高いからいきなりローン組まされるとか、だったらやだなぁ」

「ウシジマくんのスナックって、店の奥に金主さんがふんぞり返ってて、ウシジマくんにぞんざいに何飲むの?一杯一万円ね。って凄まれて何頼んでもタバスコ一気させられるんでしょ?」

という不安の声もあがっているがそれは取越し苦労というもの。

サイト上では1時間飲み放題4000円、ぼったくりなしの明朗会計であることが明言されているので、安心して利用できそうだ。

クラウドファンディングの支援メニューは千円から99万円までさまざま。返礼品にはグッズや会員権、支払いに利用できる店舗利用券、作者の真鍋昌平さんからお酌してもらえる権利など、魅力的なコンテンツが用意されている。

『闇金ウシジマくんモチーフの完全会員制スナック「ウシジマくん」を誕生させたい!!』(Makuake)
https://www.makuake.com/project/ushijima/

ついつい高額の支援をしたくなるのがファン心理だと思うが、度を越して闇金でお金を借りるようなことになっては元も子もない。ご興味ある方は、余裕を保てる範囲で参加していただければと思う。

※画像は『Makuake』から引用しました。
https://www.makuake.com/project/ushijima/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo