シェアハウスと仕事場が一体となった空間作り ~町屋神社の神様と暮らす家~

  by 香月 真大  Tags :  

「勤務する必要はあるのだろうか?」「通勤する時間は必要か?」「もっと自分の家で仕事ができるのが当たり前になる社会がくるのではないか?」

職住のありかたを考えることからはじめました。

職住を一体化させて、仕事をしつつ、生活を協働することでビジネスの交流も生み出せる
そんな場を横浜の少し都心から離れた場所で成立させることはできないだろうか?

そんな疑問から今回の計画はスタートしました。

「休みの日などに神社の縁側に出て
ひなたぼっこしたり、ぼぉーっとできる場所がいい。」

横浜・金沢八景にある鉄骨造の築40年の寄宿舎をフルリノベーションして
18室のシェアハウスに変えました。用途は1階は駐車場、2階~3階は、18室のシェアハウス、屋上はバーベキューなどを行うウッドデッキテラス
が広がっています。トイレにシャンデリアを入れ、ドアを格子ドアにして室内のディティールに配慮しました。

隣の町屋神社の新緑に合わせて緑を基調にして、出窓を用いて勉強机を設けるなどして隣地の神社の景観を活かして、
事務所とシェアハウスを一体化させた施設を横浜・金沢八景駅徒歩圏に2018年10月オープンしました。

ゆったりしたお部屋に、家賃はリーズナブルな設定です。1階には遊び道具や自転車・バイク等を保管できるガレージをご用意(ただし。台数に限りがあるので早いもの順(有料))。屋上には「ウッドデッキ」もご用意。ベンチやテーブルも設置予定なので、花火鑑賞やBBQ、夕涼みなど楽しめます。横浜、川崎、東京都心方面へ直通。三浦半島、湘南の玄関口である逗子へも直通と交通至便。通勤・通学にも便利な立地です。金沢八景周辺には、「八景島シーパラダイス」、「三井アウトレットパーク」、BBQ、潮干狩りや花火大会が楽しめる「海の公園」、コアラに癒やされる「金沢自然動物園」など休日が待ち遠しくなるエリアです。

三浦半島の入り口に位置しているため、異国情緒あふれる「横須賀どぶ板通り」や「米軍横須賀軍港の夜景」へ、マリンスポーツやその他レジャーの拠点となる三浦や逗子・鎌倉方面へも至便です。横浜関内・本牧エリアへは、横浜駅乗換えで、「みなとみらい」や「元町・中華街」へもすぐ行けます。

新緑の美しい居室を作りました。
窓を机としても使えるようにしています。

屋上はウッドデッキがあり、こちらで仕事やバーベキューなどができます。

職住一体型のシェアハウスを作りました。

駐車場は黒で決めた落ち着いたデザインとしています。

共用ラウンジは絵画を入れました。

居室には緑のカーテンを入れて気持ち良い生活ができるように心がけました。

椅子はパッチワークチェアを使用しました。

今後は勤務時間を気にすることなく、好きな時間に起きて、好きな時間に仕事をする。
そんな時代がくると思っています。

そんな先駆けになる施設になればいいと思って設計しました。
機会があれば職住一体型のシェアハウスにぜひきてみてください!

香月真大建築設計事務所/SIA (second international architecture) 主催/一級建築士 ハウスラボ、ミサワホームで住宅設計・不動産開発事業に関わる。 現在はインバウンド事業に着目してAirbnbのデザインメイク、鎌倉の古民家の改修などを行なう。

ウェブサイト: https://architizer.com/projects/heart-share-house/

Twitter: masahirokatsuki

Facebook: 860829233941155