松本人志さんが熊本のど飴事件に一喝!「女性をすごく下に見てるんでしょうね」

10月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、熊本市の緒方夕佳議員がのど飴をなめていたことを理由に議会を退席させられた問題について取り上げた。

のど飴をなめる行為が会議規則の「議員は、議会の品位を重んじなければならない」という項目に触れるのかどうかは別にして、この程度の小さな問題でさんざん威圧的な野次を飛ばし、あげくに8時間も審議を中断した熊本市議会に対して世間の批判は大きい。

『ワイドナショー』出演者の間でも

千原せいじさん「議長がいるんですから議長の見解でいいと思いますよ。」

指原莉乃さん「そもそも代表して喋る時に飴をなめちゃいけないって自分の心のどこかにあるじゃないですか。それが無い人が町を代表して町のことを決めたりしているのが気になります。」

という意見もあったが、コメンテーターの松本人志さんは

「この人もどうかなぁと思いますが、おっちゃん(男性議員)たちがこういう女性をすごく下に見てるんでしょうね。言ってることが子供みたい。」

「熊本も大変なんですからね。(復興支援ライブを手掛けている)泉谷(しげる)さんのほうがよっぽど頑張ってるわ。」

と熊本地震からの復興支援に奔走する泉谷しげるさんを引き合いに出し、熊本市議会の姿勢を批判した。

戦前に総理大臣を経験し、大蔵大臣としても幾度も日本の財政危機を救った高橋是清は国会の審議中に堂々と茶碗酒を飲んでいたという。

本来、政治家が重視すべきなのはその政治的手腕や時代に合った感受性であって、形骸化したマナーではないはずだ。

時代錯誤なパワハラ、セクハラが横行しているのはスポーツ界のみならず政界も……と言うところだろうか。

※画像は『ワイドナショー』公式サイトから引用しました
https://www.fujitv.co.jp/widna-show/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲にインスパイアされた音楽性や世界観で独自の地位を築いている。代表曲に「雨にうたれて」(2017年)。プロデュース、楽曲提供多数。 近年は音楽評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo