「たむらのカルビ丼は不味かった!」Twitter上のクレームにたむらけんじさん誠実対応

「今日もたむらのカルビ丼は不味かった‼️冷めてるやん。」

9月1日、人気タレントたむらけんじさんが経営する焼肉店“炭火焼肉たむら”の人気メニュー『カルビ丼』について批判する衝撃のツイートが公開された。

ツイート主はサッカーファンとおぼしき一般男性。

男性は7月29日にも

「今日パナソニックスタジアムの焼肉たむらでカルビ丼を食べた‼️
席に座って食べてたら肉は冷めてる、ご飯も冷めてる。仕方無く食べたが今度は返品する。冷めたもん出すな。」

とツイートしており、サッカー観戦ついでに食べたカルビ丼が繰り返し冷たかったことに立腹している様子だった。

とはいえ実際にカルビ丼が冷めていた証拠があるわけでもないし、捨て置いてもさほど影響はないと思ってしまう。

しかし、たむらさんの対応は迅速かつ誠実だった。

「本当に申し訳ありません。 すぐに改善させていただきます。」

「今、確認したのですがうちは作り置きはしてないのでなぜそんなに冷めてたのかまだ原因がわかりません。すいません。2度とないように改善いたします。」

「この度は本当に嫌な思いさせてしまい申し訳ありませんでした。今度は必ず美味しいもの出させていただきますのでよろしくお願いします!」

と同日の内に数回のツイートのやり取りを通し男性に謝罪したのだ。

想定外のリアクションに男性も機嫌をなおし、翌日には

「よろしくお願いします。 一番最初に食べたのが美味しかったので」

と一件落着した。

軽めのキャラクターとサイドビジネスにうつつを抜かすイメージで侮られがちなたむらさんだが、芸の道でも商売の道でも確固たる地位を築くだけあって、実際は相当な度量と判断力をもった人物。並の商売人ならプライドが邪魔してできないことを速やかにやってのけるあたり、流石だと感じさせられた。

ただ一つ残念なのはこういったエピソードがなかなか拡散されにくいこと。今回の件も、ことの顛末を知った別の『Twitter』ユーザーに画像つきで紹介されたもののまったく広まりを見せていない。せめてこの記事が多くの読者の方の目に届くよう祈るばかりだ。

『炭火焼肉たむら』
http://www.yakiniku-tamura.com/

※画像は『Twitter』から引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲にインスパイアされた音楽性や世界観で独自の地位を築いている。代表曲に「雨にうたれて」(2017年)。プロデュース、楽曲提供多数。 近年は音楽評論家としても活躍の幅を広げている。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo