実録漫画! 激ヤバ裏社会~突然逮捕されたら(8)「新たな官弁メニュー」の巻

  by 丸野裕行  Tags :  

お待たせしました新企画第8回!
どうもどうも、親戚のおばちゃんに「あんた、職業は何やってんの?」「特殊犯罪アナリスト」「アナルの何?」と言われた特殊犯罪アナリスト・丸野裕行で~す!

脂肪の代謝を促進すると評判の実録漫画『丸野裕行の激ヤバ裏社会』!

今回は、刑事にとことん凹まされながら、弁当を食う体験記を綴ります!

世の中のタマキンの裏側を覗くような世界観をお楽しみください! 文章もイラストも100%マルノ印!
それではどうぞ!

第7回はこちら [リンク]
※この記事はイラスト記事となっております。2枚目以降のイラストが表示されない場合はこちらからどうぞ。

ごっそりと心をえぐられる取り調べ

すべてを決めつけで調書を取られることに、何も言えないライター・丸野。
調書を取った後のサインは絶対にしないと決めました。

一日に何文字も書き綴り、一生懸命働いてきたんですが、ここまで全否定されることは今までの人生にはなかったことです。心が折れるという言葉がありますが、心を大型のショベルカーでえぐられるような気持ちになりますね、これは。

こんなところで弁当食べてもうまくない!

朝から取り調べがはじまったので、昼食は取調室で摂ることになります。いつも通りの官弁です。自弁を頼むことなど現時点ではできませんから、本当にこれだけです。

本日のメニューは、ケチャップソースのかかったメンチカツ、下にはキャベツの千切りが敷かれ、付け合わせに油を思いきり吸ったフライドポテト、さらにメインがもうひとつ・生臭い焼き塩サバです。

栄養バランスは申し分ないのでしょうが、とにかく“冷たい”。「えっ? 一回凍らせた?」というくらい冷やっこいのです。食欲がないまま、少しずつおかずと白米をついばみます。

頭が混乱する取り調べ

しかも、向かいに座る刑事の一方的な小言を聞きながら、食べるのです。

冗談なのかというほど、ヒドい小言なんですが、結構僕もマジメにやってきていたので、もう弁当もまったく食べる気が失せてしまいました。もうどの料理がどんな味なのかということさえ分からなくなっていたのです。

とにかく、すべてを全否定され続けると、「自分はひょっとすると何の仕事もしていないのではないか」「この刑事さんが言う通りで、僕は無職でニートで、母の年金を食い荒らして生きているのではないか」「僕が悪い、全部悪い」と訳が分からなくなってくるんですね。

こりゃなんでも自供してしまう冤罪が生まれるとわかります。そりゃ、そういう心理になりますもの。

to be continued…

次回第9回は「厳しい取り調べの理由」です!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンデージャポン』、テレビ朝日『EXD44』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、ABC『雨上がりのAさんの話』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』などのテレビ・ラジオなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: urashakaimaru

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5