年間膵炎で5回入院する入院マニアライターが語る『病院のグルメ』~最終回~

  by 丸野裕行  Tags :  

最近では、テレビ出演など責任のあるお仕事も増え、膵臓の調子を整えつつ頑張っている特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

裏業界の記事ばかり書いていまして、入院グルメの更新が滞っていました。
これは、地獄の絶食期間を過ぎ、重湯をなんとかうまく食えた膵炎グルメに目覚めた僕のお話です。

段々と柔らかいご飯の上澄みから、米粒が点々と登場しはじめました。病院の過ごし方も徐々にわかってきた僕の元には、さらなるご馳走メニュー(入院当時の幻覚)が出てきます!※よろしければ過去記事をお読みください!

※すべての写真が表示されない場合はこちら

ヒマつぶしに四苦八苦

入院すると、一時は気が楽になりますが、正直原稿を書く以外にやることがありません。
せめて、Amazonプライムでチェックしていない映画や『孤独のグルメ』、僕の映画にも出てくれていた武田梨奈ちゃんの『ワカコ酒』を観るくらいです。

痛みも治まり、病状は安定しはじめましたので、担当の先生には本当に感謝ですし、
ずっと突っ走ってきたので、いい休息にはなりました。

「では、先生、そろそろ退院ということで……
「う~ん、まだアミラーゼの値も正常には戻ってないので、絶対安静ということになりますよね」
「えっ、急性膵炎ってそんなに大変な病気なんですか?」

数々のお笑い芸人の皆さんが緊急入院する急性膵炎というのは、なんと非常に危険な病気らしいんですね。

膵臓に腫れの症状が出て、簡単に回復する軽症なものから、敗血症や多臓器不全などを起こし、心臓や肺、腎臓など大切な臓器に著しく障害を受けるような、死に至る病気。重症の程度は様々で、入院し、そのまま帰らぬ人になってしまうものだというのです。現在の医療技術が発達して、死亡率というのはかなり下がってきているのですが、重篤な症状が出ないうちに早期発見、早期治療が重要になります。

「そんなに大変な病気なんですか」
そうです。丸野さん、ここで治しておかないと今後のお仕事にかなりの影響が出ますよ」

はい、すいません……。二度と退院したいなんて言いません。
担当のI先生とM先生には足を向けて眠れません……。

空腹を満たしてくれる給食調理員さんに感謝

重湯が二分粥に変わり、それが五分粥に……
ここまでなると、ちゃんと米粒の味を感じられるようになり、副菜も充実してきます。

メニュー:五分粥、タラのみぞれ煮、里芋煮オクラあんかけ、白菜の昆布漬け、かぼちゃのペースト
タラは舌の上でホロリと崩れる柔らかさ。謎のオクラあんが余計な味わいの里芋煮が玉にキズ。

メニュー:五分粥、鶏むね肉のカレー風味焼き、もやしナムル、マカロニサラダ、みかん
脂を極端に落とすメニュー勢ぞろいなのでパサつく鶏むね肉。でもこれはこれでおつまみみたいで美味しい。マカロニサラダは味がぼんやり、もやしナムルは意外にしっかり味。

塩分の制限がないので、糖尿病食とは違うしっかりした味付けがいいんですね。胃が小さくなっているから、すぐに満腹になります。

膵炎患者はお菓子も制限

ちなみに口淋しい夜に膵炎患者が食べられるお菓子というのは、

・せんべい

・飴

・三食団子
・エイセイボーロ
・落雁
などなどの和菓子です。うん、淋しいものですね。

にしてもやることがないので、ひとりでオセロをやってみて、4分で飽きる。
病院の夜は気が遠くなるほど、長いのです……。

なんとハンバーグ登場!

朝6時に目覚めて、夕方まで仕事。そして長い夜がやってくる。
朝6時に目覚めて、執筆をしていると誰かがお見舞いに来る、そしてまた長い夜がやってくる

2週間以上という入院の中で、毎日同じことの繰り返し。楽しみはといえば、日々カロリーとボリュームが変化する入院食と入浴。

時折外出しなければいけない仕事などは、点滴を外して、2~3時間で病院に戻ってくるといった感じ。
もちろん、外出先では水など以外は口にすることができないので、それが非常につらいんです。

そこにやってきたのは、待ち望んでいた七分粥

メニュー:七分粥、サワラソテー、鶏と野菜の旨煮、青菜ときのこのあんかけ
このあんかけがなぜ付いてくるのかが謎なんですが、それよりも主食の七分粥を噛みしめたときの、米本来の甘みがたまらんのです!
「ウマ、ウマ、ウマ!」とソッコーで平らげてしまいました、色合いがあまりよろしくないですが……。

メニュー:七分粥、チキンハンバーグ、ジャガイモと人参のポトフ、茹でアスパラ、黄桃缶詰
な、なんとここで真打登場! 脂分をここぞとばかりにそぎ落とした鶏肉のパサパサ破壊力。口の中で失われる水分を七分粥が万全のフォロー体制でサポートしてくれる。しかしまぁ、よくぞ工夫してくれて、こういった料理を食べさせてくれる! 本当にすごいっす!

退院してから普通の食事が喉を通らない

大量に輸液を流し込んでいた点滴も取れた退院日前日。
このときに、恐ろしいほどの欲求に襲われました。もっと食べたい、大好きなお肉や刺身が食べたい。

しかし、退院してよくわかりました。
なんと薄味、脂質を抑えた食事しか喉を通らなくなっていたのです。

体調を本来のものに戻してくれた病院に感謝退院後の食事を作ってくれる妻に本当に感謝です。
こんなバカの僕ですいません。今後は体調管理に努めます。

(C)写真AC

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『初めての不動産投資マガジン』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』TBS『サンデージャポン』テレビ朝日『EXD44』テレビ東京『じっくり聞いタロウ』AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』などのテレビ・ラジオなどで活動。 地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中!

ウェブサイト: https://note.mu/hiroyukimaruno

Twitter: urashakaimaru

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5