クッキーにもキャラ弁にも!食べ物にお絵描きできるフードペンを試してみた

  by renlie  Tags :  

習い事としても人気のアイシングクッキー。最近は検定もあり、趣味として嗜む方も多いです。かわいくデコるクッキーは、プレゼントやイベントでも大人気。もらってもテンション上がりますよね。

アイシングは卵白と粉砂糖を混ぜて作ります。それをコルネと呼ばれる小さな絞り出し袋に入れ、少しずつ絞りながら絵を描いていくのです。しかし…これがなかなか難しい。特に細かい絵を描いたり、メッセージを書こうとすると大変です。
そんなときに大活躍するのが、『フードペン』です。食用インクを使用した食べられるペンで、食品に簡単にカラフルな絵が描けてしまいます。発祥はイタリアで、日本ではロフトなどで販売されています。価格は1本400円前後とお手頃です。

色塗りもできる標準タイプと、細かい文字を書くのに適したスキニータイプがあります。標準タイプはブラック、レッド、オレンジ、パープル、ピンク、ブルー、グリーン、ブラウン、イエローの9色。スキニータイプはブラック、レッド、オレンジ、ブルー、ピンク、ブラウン、グリーンの7色です。
イエローはあまりはっきりした色ではないので、スキニータイプがないのだそう。パープルのスキニータイプがないのは、毒々しいから…でしょうか?

今回試してみたのはこちらの5本。
■標準タイプ:レッド、オレンジ、ブルー、グリーン
■スキニータイプ:イエロー
見た目は完全に普通のペンですね。文房具に紛れていたら気付かないで使ってしまいそうです。アイシングのように事前に作る必要ないので、使いたいときにさっと出して使えるのも魅力。
太さの比較。イエローが標準タイプ、ブルーはスキニータイプです。スキニータイプは筆先が固めで、線の太さは1㎜ほど。標準タイプは筆先が柔らかくて、線の太さは2㎜。スキニータイプの倍の太さがあり、色塗りもできます。
今回は白のアイシングクッキーを用意しました。アイシングはしっかり乾かして固めにしておきます。

もちろん、アイシングをしないでクッキーに直接描くこともできます。ビスケット、マカロン、マシュマロにも描けます。反対に使用できないのは、スポンジケーキやカステラ、チーズやハムなど水分の多いものです。この場合はいったん薬局などで販売されているオブラートに絵を描いてから貼り付けるとうまくいきます。
まず線を書いてみます。書き心地もサインペンと同じでさらりと書けてしまいます。拍子抜けするほど書きにくさがありません。しいていうなら筆圧の強い人はご注意を。アイシングが柔らかい場合、ペン先がアイシングに刺さってしまうことがあるかもしれません。
標準タイプで色を塗った上から、スキニータイプで絵を描いてみました。時間を置いて乾かさなくても、滲まずに描けます。

この使いやすさ、想像以上。イラスト、メッセージ、デザインなど アイデア次第でいくらでも応用できますね。ぜひ一度使ってみてください。

※写真は著者撮影

renlie

歌手、朗読家、女優、作詞家、ライター、お菓子作家。 人の心が静かに痛む時間「深夜」が好き。 張り詰めた世界観の中で吐く歌は、哀願のような独特の色気を持つ。 語る声は、見た目から想像する声の3倍低いと言われ、嘘も本当に聞こえる不思議な説得力がある。 深夜をテーマにしたお菓子ブランド「夢見菓子」のお菓子作家でもあり、アルコールやスパイスを使ったお菓子を開発している。 ライターとしてはカフェ・お菓子・パンについての記事が多い。

ウェブサイト: 蓮理 http://renlie-y.com/ お菓子ブランド「夢見菓子」http://yumemigashi.com/

Twitter: renlie

Facebook: https://www.facebook.com/renlie0410/