音楽教室からも著作権料を徴収しようとするJASRACに「残酷な天使のテーゼ」作詞者が物申す!

  by ろくす  Tags :  


個人の日記やつぶやきに投稿された歌詞にまで著作権侵害の申し立てをしてをしてきたり、ヤマハや河合楽器などが運営する音楽教室で演奏される楽曲についても著作権料を徴収する方針を表明するなど、このところ権利主張の激しい日本音楽著作権協会(JASRAC)の姿勢に反発が相次いでいる。ついに大物作詞家が動いた。

『残酷な天使のテーゼ』『淋しい熱帯魚』などの作詞者として知られる及川眠子さんが『Twitter』上で

JASRAC正会員の一人として。私は「営利を目的とする場」での演奏であるなら、当然楽曲の著作権使用料は払うべきものだと思う。だけど、音楽教室で「練習のために」弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない。

と発言したのだ。

カラオケランキング上位常連曲の作詞者の発言だけに、業界関係者や音楽好きな人たちの間で大きな反響を呼んでいる。

・音楽教室の講師をしております。レッスンで生徒たちが弾く曲からもお金をとられるのであれば、もう現代の作曲家さんたちの曲は使いたいと思わなくなってしまいます。当然楽譜も買わないと思います。

・JASRACの、楽曲の著作権に対する考え方は管理というより所有・支配といった感じ。話題になってることに関して、請求権と言っても公序良俗に反するのでは?もしくは権利の濫用。

・沢山の友人がJASRACに作曲家として登録しているが、音楽教室から著作権料をとるというアイデアに「バカじゃないの?」の反応。音楽を習った経験や教養のない人の頭だよね。レッスンの内容がちっともわかってない。

・発表会や演奏会で人を集めてなら、まだ分かるけど、ピアノ教室の練習室で講師と二人で練習してるのまで使用権料を払えと言われても、釈然としないしな。

また、「音楽教室は営利目的なのでは?」との指摘に対しては「譜面をきちんと買う(コピーしない)ことを教室に義務付ければよい」「見本となる演奏に対して著作権料を支払えというのはやはり反対」とした上で、


極端な話、そのうちに街角で鼻歌を歌ったり口笛で曲を奏でていても、著作権使用料を支払えと言われそうだ。音楽を作ってる、そして音楽によって生計を立てている者の側から言わせてもらう。音楽を不自由なものにしてはいけない!


音楽はタダではない。違法ダウンロードなど著作権を侵害するものに対してはもちろん厳しく取り締まってほしい。だけど、音楽を学びたい、いつか音楽の世界で花を咲かせたいと願う子供たちには、自由に楽曲を使わせてあげてほしい。それが今の私たちにできる、未来の音楽への恩返しだ。

と続け、「それで喜ぶ著作権者はいるのでしょうか」とJASRACの姿勢に疑問を呈した。

画像とソース:『Twitter』より引用
https://twitter.com/oikawaneko/status/827175951515594752[リンク]

ゴシップネタを探してネット上を駆けずり回る、ただのヒキコモリ。アフィは買って良かったもの、欲しいもの、記事にちなんだネタ。 bitcoin:1JSF2Zrw8rksqwXDqYZopQeL7RzAUAnCJu monacoin:MCThtdpP1rs6JHYkhGeZZYoJ8CYFyeNmYM 投げ銭があると喜びます(´∀`)