【コレカラ Vol.5】「×(かける)」も読みます!ハート×ストリングス・七瀬いづみインタビュー

  by 櫛名凌  Tags :  


“これから”注目すべきアイドルに話を伺い、これまでのことを振り返りつつ、今後の活動についても語っていただくインタビュー企画【コレカラ】。

第5弾は、アイドルグループ・ハート×ストリングス(ハートかけるストリングス)から、七瀬いづみさんにインタビューを敢行。さらに、ご本人からのメッセージ動画も。

 
――本日はよろしくお願いします。
七瀬さん:よろしくお願いします!

――まずハート×ストリングスとはどのようなユニットなのか教えてください。
七瀬さん:「女の子の切ない気持ちをうたいたい」というコンセプトで結成されたグループで、ロックとかバラードとか、ジャンルはいろいろあるんですけど、明るい曲でもそうでない曲でも、歌詞が切ない楽曲になっているんです。それに、衣装は白で統一されているんです。

――白統一なんですか。
七瀬さん:そうなんです。形はちょっと違うんですけど。


――切ない気持ちの楽曲を歌われているとのことですが、グループの楽曲で七瀬さん的に最も切ないって感じる曲はなんですか?
七瀬さん:一番ハーストの中で切ない曲が「さよならのプリテンド」っていう楽曲で、バラードなのでそれが一番切なさを感じますね。

――歌詞に共感を覚えるところってありますか?
七瀬さん:共感っていうか、「さよならのプリテンド」の歌詞って恋愛をテーマにしていて、悲しいさよならじゃなくて前向きな曲になっていて、メロディ的にはすっごく切ないんですけど、聞いてると前向きにがんばろうって思える曲ですね。

――なるほど。ちなみにそんな切ない曲を聞いていて、七瀬さんは泣いちゃったり、涙もろかったりしますか?
七瀬さん:ありますあります!(笑) 切ない曲を聴いて泣くことはないんですけど、映画とか見てるときはすっごい涙もろくて。

――最近はどうですか?
七瀬さん:洋画が結構好きで、「きみに読む物語」っていう映画ですね。何回も見てて、見る度に感動しちゃいます。

――現在、多くのライブをされていますが、そんなライブの前に必ずやっていることってありますか?
七瀬さん:声出しとかはもちろんやってるんですけど、みんなでステージに出る直前に円陣を組むことを最近始めました。セリフも決めて、4人で一緒にやってます。

――他はどんなことを?
七瀬さん:ストレッチはやってますね。足伸ばしたり。

――ちなみに、体は柔らかいんですか?
七瀬さん:それが、わたしだけすっごく硬くて。

――ダンスではどうですか? 影響があったり……。
七瀬さん:どうなんだろう……。ジャンルによりますね(笑)

――それでは、得意なジャンルは?
七瀬さん:ハロプロ系の曲が好きなので、アイドルらしい楽曲の方がホントは好きですね(笑)


――元々アイドルは好きだったんですか?
七瀬さん:大好きでした。自分がアイドルファンなんです。

――アイドル好きになったきっかけは、ハロプロがお好きということはモーニング娘。ですか?
七瀬さん:そうですね。幼稚園のときにモー娘。世代なので見てて、それからずっと見てますね。

――なるほど。そんな七瀬さん、今までいろんなグループに所属され、掛け持ちだった時期もあるようですが、大変だったことはありますか?
七瀬さん:ありますね。「asfi(アスフィ)」っていうグループに入っている時期に、「ALL OVER(オールオーバー)」っていうグループにも入ってて、その衣装がオーバーオールなんですよ。それで、asfiの出番直後にALL OVERがあるっていうときに着替えがすごく大変で。それに、ALL OVERは人数が多くて、立ち位置が細かいんです。0点何刻み、みたいな感じで。

――そんなに細かいんですか!?
七瀬さん:そうなんです。なので、それを覚えるのも大変でした。

――昔所属されていたグループのメンバーとは、今でも交流はあるんですか?
七瀬さん:はい。すっごく仲が良いです!

――定期的に会ってたり?
七瀬さん:そうですね。今でも仲良くて、ディズニーランドに行ったりしてます!

――それでは、最後に今後の目標を教えてください。
七瀬さん:今後の目標は、ハーストでワンマンライブをやりたいって考えてるんですけど、会場を満員にしたいなって思ってます。今はまだ、個人のファンの方がそこまで付いていない状況なので、ワンマンまでに一人ひとりファンをつけて、やっていけたらなと思ってます。

――ありがとうございました!

■ハート×ストリングス・七瀬いづみ メッセージ動画

https://youtu.be/ZFTopiyuhIc

■七瀬いづみTwitter
https://twitter.com/nanase_izumi

※画像・動画はすべて記者撮影

フリーランスのライターです。アイドル、映画、アニメなど、とにかくエンターテインメントが好き。