ケースに干渉しない!本当に純正品と変わらないLightningケーブルが登場

  by 動画解放軍  Tags :  


iPhoneやiPadなどの充電やデータ転送に使うLightningケーブルの純正品は高価ですが安心です。でも入手性が非常に悪く、Appleストアや認定ショップ、Apple公式通販サイトからでしか手に入れることが出来ません。他の通販ではApple純正品と書いてあるのに購入すると怪しい社外品が届いたりするというトラブルもあると聞いています。 「社外品のMFI認証品ならいろいろな店や通販で簡単に買えるだろ?」という反論もありますが、これも一部問題があります。

問題はコネクタボディの大きさ

MFI(Made for iPhone/iPod/iPad)とはAppleが認めた社外品のことです。でも、多くのMFI認証を受けたケーブルは、iPhoneに最初から付属するケーブルのコネクタボディより二回りくらい大きいです。 このため、ケースと干渉してケーブルを差し込めないという問題が発生します。 MFIの基準は知らないですが、この問題はケース側にあると思われます。確かにほとんどのケースにはMFIのロゴが入っていないので、ケース側のコネクタ周りの穴が基準を満たしていないのではと考えます。 ケーブルはMFIの基準を満たしているが、ケースが満たしていないから干渉するという事だと考えられます。

今回筆者がサンプル品としてもらった、『Syncwire【Apple MFI認証】LightningライトニングUSB充電ケーブル』はコネクタボディの大きさがほぼ、最初からiPhoneに付いてくるケーブルの物と同じです。 よく見ると若干大きい程度です。 これであれば手持ちのケースと干渉せずに接続することが出来ます。 好きなケースを使いたいけど充電ケーブルを変更したら差し込めなくなったと悩んでいる人にはお勧めですね。


ケーブルのパッケージです。 これだけではコネクタの大きさの把握は厳しいです。


MFIのロゴがあるから安心? と思って買うとコネクタボディが純正品より二回りも大きいことがあります。



見た目は純正品と変わらないです。


若干純正品より大きいですが、純正品ケーブルにサイズを合わせて作られた各種ケースに干渉しない大きさです。 もちろんMFI認証品なのでiOSの更新でも安心です。

SYNCWIRE (製造者Webサイト)
http://www.sync-wire.com/[リンク]

Syncwire LightningライトニングUSB充電ケーブル 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/s1I6xRDxC4Y

普段は動画を使ってガジェットや食品のレビューを行なっています。 人が思いつかない切り口でレビューや紹介を行なっています。 ネタ探しのために自己資金を使って出張取材も最近は多いです。

ウェブサイト: http://www.jihei.org/ http://review.jihei.org/ https://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A17VQ6SVCFYKUP http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/jihei

Twitter: jihei