2015年3Qに、新興市場での、世界のスマートフォンの販売を伸ばし、出荷台数を15.5%増加させた。

  by iikura  Tags :  

 Gartnerによると、2015年3Qに、新興市場での、世界のローエンドのスマートフォンの販売が伸び、出荷台数を15.5%増加させたという。 2015年11月18日


 Huaweiは、2015年3Qに、携帯電話やスマートフォンの販売において、最高の成長率を記録した。

 Gartnerによると、2015年3Qに、新興市場において、手頃な価格のスマートフォンの需要が増え続け、世界のスマートフォンの販売を促したという。

 2015年3Qに、エンドユーザに対する、スマートフォンの世界の出荷台数は、前年同期から、15.5%成長した。

 Huaweiは、2015年3Qに、携帯電話やスマートフォンの出荷台数において、最高の成長率を記録した。

 Gartnerによると、2015年3Qに、新興市場において、手頃な価格のローエンドのスマートフォンの需要が増え続け、世界のスマートフォンの販売を促したという。

 2015年3Qに、エンドユーザに対する、スマートフォンの世界の出荷台数は、前年同期から、15.5%成長した。

 新興市場における、スマートフォンの出荷台数は、2015年3Qに、前年同期から、18.4%成長し、2億5970万台に達した。

 2015年3Qに、Samsungは、ハイエンド・デバイスに対する需要が低下したのに対応するために、前回のリフレッシュの後に、4ヶ月経ってから、高級スマートフォンのリフレッシュを実施した。

 これにより、Samsungは、Appleの大画面のスマートフォン、iPhoneに対抗した。

 Appleは、スマートフォン市場の高級機のセグメントにおいて、2015年3Qに、iPhone 6と6 Plusのモデルにより、スマートフォン市場で優位を続けた。

 2015年9月の4週に、iPhone 6sと6s Plusの世界市場への出荷を開始し、中国においても、同時に出荷が開始された。

 Huaweiは、国内市場と世界市場(特にヨーロッパ)の両方において、スマートフォンの出荷台数を増やした。

1)2015年3Qにおける、世界のベンダごとの、エンドユーザへのスマートフォンの出荷台数

 (単位:千台)

         2015年3Q    2015年3Q    2014年3Q   2014年3Q
ベンダ     出荷台数     シェア     出荷台数    シェア

Samsung    83,586.7     23.7%      72,929.4     23.9%
Apple      46,062.0     13.1%       38,186.6    12.5%
Huawei     27,262.3      7.7%       15,935.0     5.2%
Lenovo     17,439.2      4.9%       21,314.1     7.0%
Xiaomi      17,197.2      4.9%       15,772.5     5.2%
その他     161,296.6     45.7%      141,246.5    46.3%

合計      352,844.0    100.0%    305,384.0   100.0%

 ソース:Gartner、2015年11月

 Lenovoには、2015年3Qと2014年3Qにおける、LenovoとMotorolaによる、携帯電話の出荷台数が含まれる。

 スマートフォンのオペレーティング・システム(OS)市場において、AppleのiOSを搭載した、スマートフォンの出荷台数は、順調に推移し、前年同期から、21%増えた。

 SamsungやHuaweiからの世界における、Androidベースのスマートフォンの出荷台数が、緩やかに増え、1.4%だけシェアを獲得した。

 Windowsベースのスマートフォンの市場シェアは、前年同期の3%から、1.7%に低下した。

 Gartnerによると、Windows 10は、正式に発表された後も、スマートフォンのOS市場における、エコシステムの競争において、消費者を引き付け続けることができず、スマートフォンOS市場の中で、小さなシェアしか獲得できないだろうという。

2)2015年3Qにおける、オペレーティング・システム(OS)ごとの、エンドユーザへの、世界のスマートフォンの出荷台数

 (単位:千台)

          2015年3Q   2015年3Q   2014年3Q  2014年3Q
OS        出荷台数    シェア    出荷台数   シェア

Android     298,797    84.7%     254,354    83.3%
iOS       46,062     13.1%      38,187    12.5%
Windows     5,874     1.7%      9,033     3.0%
BlackBerry    977      0.3%      2,420     0.8%
その他      1133.6      0.3%    1,310.2    0.4%

合計      352,844.0    100.0%    305,384.0    100.0%

 ソース:Gartner、2015年11月

 エンドユーザに対する、世界の携帯電話の出荷台数は、2015年3Qに、前年同期から、3.7%増加し、4億7800万台近くになった。

 新興市場において、携帯電話が継続して成長し、自国のブランドの出荷台数の増加を促した。

 結果として、ZTE、Huawei、Xiaomi、TCL Communication Technology、Oppo、および、BBKといった、中国ブランドが、新興市場において、積極的に、出荷台数を伸ばしたが、インドのベンダ、Micromax Informaticsは、世界の携帯電話ベンダのトップ10における地位を固めた。

3)2015年3Qにおける、世界の携帯電話の、エンドユーザへの出荷台数

  (単位:千台)

         2015年3Q   2015年3Q   2014年3Q   2014年3Q
OS       出荷台数    シェア    出荷台数   シェア

Samsung    102.063    21.4%     93.620    20.3%
Apple       46,062     9.6%     38,187     8.3%
Microsoft     30,291     6.3%      43,134     9.4%
Huawei      27,457     5.7%     16,324     3.5%
LG         18,194     3.8%     21,292   4.6%
Lenovo      17,612     3.7%     21.551     4.7%
Xiaomi      17,197    3.6%     15,773   3.4%
TCL        17,165     3.6%     15,955     3.5%
ZTE       13,682      2.9%     13,858   3.0%
Micromax    12,165   2.5%      5,645      1.2%

その他     176,011.1    36.8%     175,725.9    38.1%

合計       477,898.8   100.0%     461,064.0 100.0%

 ソース:Gartner、2015年11月

 この結果には、LenovoとMotorolaの両方による、携帯電話の出荷台数が含まれる。

 詳細は、Gartnerレポート「Market Share: Devices, All Countries, 3Q15 Update」を参照のこと。

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/