琵琶湖へ虹を見に来ない? 10月9日から始まった「虹予報」は観光の架け橋になるか

  by yasuu_kusayan  Tags :  


滋賀県は10月9日、琵琶湖周辺の虹の発生期待度を「虹指数」で予報する「虹予報」を一般公開しました。

http://www.nijiyohou-shiga.jp/ [リンク]

滋賀県は中央に琵琶湖があり、周囲を山で囲まれていることで、にわか雨が多く、虹が発生しやすい環境にあります。その虹を観光に役立てようと、県の外郭団体「びわこビジターズビューロー」が運営。同団体は女性をターゲットにした観光施策「旅せよ乙女。虹色エモーション(虹エモ)」を展開しており、「虹予報」の公開もその一環となっています。

「虹指数」は大津・湖西・湖北・湖東・湖南・東近江・甲賀の7エリアのにわか雨のある夕方(15:00~18:00)頃に虹が発生する期待度を8段階に指数化して、サイト上で公開しています。

【虹指数】

虹指数0… 虹が見られる可能性は低い
虹指数虹指数1-3… まれに虹が見られるかも
虹指数虹指数4-6… もしかすると虹が見られるかも
虹指数虹指数7… 虹が見られる期待度大!?

以下、サイトより転載

見つけるとラッキーな気分になれる「虹」は、
きっとしあわせの入り口。
滋賀県、特にびわこの周りでは、
虹がよく見られると言われています。
この「虹予報」では、
にわか雨のある夕方(15:00~18:00)頃に
虹が発生する期待度を「虹指数」でお知らせ。
虹指数の高い日は、夕方、東の空を眺めてみては?
滋賀での思い出が、ひとつ増えるかもしれません。

公開日の10月9日には、フリーアナウンサーの皆藤愛子さんによる第1回虹予報を伝えるイベントを東京都内で開催しました。虹は希望の象徴。知名度が低い滋賀県ですが、この取り組みが希望の虹となればいいですね。

トップの虹の画像は筆者撮影。2012年11月、山沿いの公園から琵琶湖上空にかかった虹を撮影したもの。

びわ湖のほとり大津市在住。京都・滋賀を中心に活動しています。 自然、史跡、音楽、映画、ITをテーマとした5つのブログを公開中。

ウェブサイト: http://yasuukusayan.wix.com/one-pager-portfolio

Twitter: @yasuu_kusayan