マレーシアのユーザが、家に居ながら、新しいスマートフォンを購入できるようになる

  by iikura  Tags :  

 XiaomiやUberのおかげで、マレーシアのシンガポールとクアラルンプルのユーザは、家に居ながら、5分以内に、次回購入する、新しいスマートフォンを決定し、注文できるようになる。 2015年7月24日


 By Eva Dou、WSJ

 XiaomiやUberのおかげで、マレーシアのシンガポールとクアラルンプルのユーザは、家に居ながら、次に購入したい、新しいスマートフォンを決定して注文し、配達して貰えるようになる。

 中国のスマートフォン・メーカのXiaomiと、米国の配車サービス会社のUberは、東南アジアの都市、シンガポールやクアラルンプルにおいて、オンデマンドのスマートフォン配達サービスを提供することで、パートナーシップを組んだ。

 マレーシアの2つの都市における、スマートフォン配達サービスは、宣伝的な効果も狙っているが、新興諸国の一般の消費者に、オンラインにも販売チャネルを展開することは、新興地域における、先進地域でのオムニチャネルの便利さの制限をテストでき、地域の事情に合わせていくことができるので、賢い販売&マーケティング戦略である。

 オムニチャネルとは、実店舗やオンライン店舗をはじめとする、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合し、統合販売チャネルを構築することによって、どのような販売チャネルからも、同じように商品を購入できる環境を実現することである。

 Xiamiによると、シンガポールとクアラルンプルのユーザは、スマートフォンのUberアプリの画面に表示される、「Xiaomi」ボタンを選択し、スライダーを使用して、Uberに配車を依頼するプロセスと同じ方法で、Xiamiのスマートフォン、Mi Noteを注文できるようになるという。

 スマートフォンの支払いは、Uberアカウントで利用できるクレジットカードに請求され、Mi Noteは、Uberにより、ユーザの自宅に配達される。

 このスマートフォン配達サービスは、2015年7月27日に、マレーシアのシンガポールとクアラルンプルで開始される。

 UberとXiaomiは、各戦略の同盟を見つけ、市場を拡大させることを望んでいる。

 Xiaomiは、中国以外へ、市場を広げることを模索しており、Uberは、世界に、何百万人ものユーザを持っている。

 Uberは、中国において、配車サービスを中心にしたビジネスを確立することを試みており、政治的なコネクションを持つ、地元のパートナーを探している。

 Uberのスマートフォンのアプリで利用できる、Xiaomiのスマートフォン配達サービスは、世界の数百都市で利用できる、Uberの食事配達サービスであるUberEatsと、ロジスティック的に似ている。

 これらの配達サービスは、品揃えの少なく、Uberの車を使用して配達できる商品に適用でき、特定の都市の顧客に、直ぐに欲しい商品を、極めて迅速に配達できるようにする。

IT関連のプレスリリースや記事を抄訳し、ブログで提供しています。

ウェブサイト: http://iikurakoichi.cocolog-nifty.com/blog/