島田紳助引退は謎が謎を呼ぶ

  by あおぞら  Tags :  

島田紳助”さん”と言いましょうか、まぁ気分的には紳助と呼び捨てにしたいくらいだけど、一応こういきましょう。どうなんでしょう、人気者は好きな人もいれば、逆に嫌う人も多い。私は紳助さんは苦手でしたね。顔のことをあれこれ言うのは良くないことは知っていますよ、でもね、あえて言わせてもらえれば美醜に関係なく、紳助さんの顔はさわやかじゃない顔をしている。もっとはっきり言うと印象の悪い顔、もっと言うといけすかん柄の悪い顔。もっともらしいことをテレビで言っていても私は上げ底に思っていたし、自分の嫌う人間を徹底的にいびりそうだし、事実そうだったわけで、さらに相方の松本竜助さんと漫才でブレイクして、のちにピンで活動されて人気者になり、竜助さんのは置いてけぼりになった感じでしたが、死亡したら葬式でパフォーマンスみたいに泣き崩れる。それなら困っているときにどうして手を差し伸べなかったのか。なんだか、ポーズの人ってのが私の印象。暴力団との関係で引退を電光石火で決められたけれど、そもそもそんなに急に決めなければいけないってことは尋常じゃない何かがあるんですよ。記者会見で正直に全部話すなんて言わなきゃよかったんだ。結局自分の首を絞めることになるんですよ。吉本興業が創業当時、当然やくざとのつながりはありましたよ。昔の芸能界はやくざが関係していたのは周知の事実。実際、三代目山口組組長は芸能事務所を経営されていましたからね。それにやくざの身内を持つ芸能人だっているんですから、そういう人たちが身内と連絡をとっていたら芸能界追放になりますかしらね?兎に角あれほどまでに一気に短時間で芸能界引退を記者会見するのは後でいろいろとボロが出てきて、吉本興業だってもう対処できない事実が迫ってきているのでしょう。島田紳助さんのようなドル箱をそうやすやすと離したりはしませんよ。まぁ、それだけ吉本興業もタレント側に立たなくなったのかもしれませんが、それにしてもなんだか謎が謎を呼ぶ引退会見でした。まさか、命を狙われる?物騒な話ですけど暴力団は命の取合いをしますからね、そういうのが全くないとは言い切れないですよ。世の中きれいなだけで生きてはいけないけれど、でも暴力団やら、覚せい剤やら、そんなオドロオドロしたものは現実この世の中に存在するのです。禍に巻き込まれないようにするには暴力団とお近づきにならないことですよ。島田紳助さんも暴力団と無縁の生活をしていたら、何もいきなり引退せざるを得ない状況を作り出すことも、レギュラー番組を差し替えさせるような迷惑もかけることはなかったのです。裏表がいかにもありそうだった紳助さん、芸能界は表の世界でしたけど、ああいう形での芸能界引退で一般人になっても、裏社会を生きるような人になりそうな気がするんですね。そういう匂いを感じますもの。ああ、クワバラクワバラ桑原和男(関西の人ならわかってもらえるかな?)

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro