A.B.C-Z河合郁人のドン底時代を支えた懐かしの味「焼きそば風スパゲティ」復活に大号泣! ファンも“もらい泣き”続出

  by genkanaketara  Tags :  

 
A.B.C-Z河合郁人が、15日放送の『復活!ロストグルメ ~スターを救ったあの一皿~』(TBS系)に出演。懐かしの味の完全復活に号泣する一幕があった。

同番組は、今は存在しない幻の一皿“ロストグルメ”を、取材を重ねて完全復活させるグルメバラエティ。その中で河合が食べていたというのが、東京・立川にかつてあった洋食店“サンモリノ”の人気メニュー「焼きそば風スパゲティ」。ナポリタンとソース焼きそばの中間のような絶妙なバランスで成り立っている奇跡のメニューだったという。

ジャニーズ事務所入所の合格祝いに母に連れて行ってもらったことをキッカケに、ミュージカル初出演、A.B.C-Zのメンバーとして選出されたときなど、ジャニーズ人生の節目節目で食べてきたというその一品。「1回食べたら体が求めるようになってしまった」という河合は、そんな嬉しいときだけではなく、ライバルであったKis-My-Ft2にメジャーデビューを越されたときなど、つらいときに食べて心が救われたと語った。

だが残念ながらサンモリノは2012年に閉店。さらに5年後、唯一そのレシピを知っていたマスターが病気で他界。マスターは、店に来るたびに河合を応援し、励ましてくれた恩人でもあった。そして生前、河合のことを「絶対将来有名になる」と見抜いていたという。そんな浅からぬ縁もあり、今回、「もう1回食べてみたい」という河合の願いをかなえようと、マスターの奥様が復活に挑戦すると宣言。

奥様のもと、マスターの味を子供のころから食べ続け、毎日焼きそば風スパゲティを作るのを間近で見ていた娘さん、高校生の頃から店のアルバイトをしていたという男性、来店回数が通算500回以上という伝説の常連が集結。全員一丸となって、試作に試作を重ねた。

そして今回、スタジオに、マスターの奥様や娘さん、元バイトの男性の立ち会いのもと、復活した焼きそば風スパゲティを10年ぶりに食べた河合。一口食べると、「ヤバッ! ダメだ。泣いちゃう。めっちゃ美味しい」と言いながら大号泣。「また食べられた―!」と絶叫し、「こんなにテレビで泣くことない。ダメだ。涙が止まらない」と吐露すると、マスターの奥様も後ろに顔を隠して涙を拭っていた。

料理に隠された感動物語にネットでは「河合くんの涙に感動した。素敵な番組だった」「河合くんの涙にもらい泣きしました」「涙が止まらない」と、絶賛の嵐が吹き荒れている。 

ライター。