「江頭さんは僕の恩人です」もう中学生が江頭2:50との意外な感動秘話を告白 エガちゃんの好感度がまたまた爆上がり!?

  by genkanaketara  Tags :  

もう中学生が、29日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演。江頭2:50との感動秘話を明かして話題となっている。
 
この日は「もう中学生24時間ロングインタビュー」完結編。丸1日様々な質問をし続け、その人の全てを明らかにする番組の恒例企画ではあるが、もう中は、夜になるにつれて疲れ出し、激しい睡魔に襲われては、森進一の顔マネのような渋い表情をしていた。

それでも、一つひとつ誠実に答えていく、もう中。「これまでの人生で恩義を感じている人は?」という問いに対し、「ぱっと思い浮かぶ恩人というと、やっぱり東京だと、(住んでいたアパートの)大家さん。僕がコンビ組んだり4人組でやったりするよりも、“ピン芸人としてやってったほうが絶対に成功するよ”って言ってくれた」と回顧。彼はかつて“商業”という4人組で活動していた時期がある。

さらに彼は仕事が激減した2018年、街で偶然出会った江頭の「一言」と「握手」に救われたという。

「その日すごい雨が降ってて、(小道具の)段ボールがびちゃびちゃになって、羽田空港のリムジンバスのバス停で、実家の母ちゃんに“もうお母さん、段ボールのネタは40歳になったりしたら、出来ないかもしれない”と電話した」と振り返った。もう中が段ボールを捨てるということはつまり、小説家にとっては断筆宣言と同じ。芸人引退を意味すると言っても過言ではない。

その時、なぜ彼が空港にいたかは定かではない。仕事先から帰ってきたのか。いずれにしても、雨に濡れた段ボールに、心が折れてしまったのだろう。もう中は続けて、「その電話を切った直後に、全身ベージュ姿の人が近づいてきて、“誰かな?”と思ったらマスクと帽子を取って“初めまして、江頭2:50です”(と挨拶された)」と回顧。

もう中の姿をたまたま空港で見かけた江頭が、挨拶しに来てくれたのだという。さらに彼は、初対面のもう中に「その段ボール、自分で運んでるの?」と尋ねつつ、「頑張ってね」と、ギュッと両手で握手してくれたのだとか。

江頭からすると、何気ない行動だったのかもしれない。だがその出会いによって、もう中は、「(その後すぐ)お母さんに慌てて電話して“お母さん、さっき段ボールやめるって言ったけど、やっぱり段ボール辞めないで、お笑いやっていくよ”と宣言できた」と、江頭に感謝していた。

ネットでは「さすがエガちゃん」「エガちゃんちょいちょい神行動」「また江頭の聖人伝説が増えてしまった「めっちゃいい話」「またエガちゃんの株が上がってしまう」「エガちゃんいいヤツだなぁ」と反響が起きていた。

ライター。放送作家。