贈り物 その未知なるチカラ

  by あおぞら  Tags :  

 贈り物をする人たちの人生は、しない人よりうまく行っているように思います。林修先生と上白石萌音さんのテレビの対談で、上白石さんのおばあさまは、お家にいた人に手土産を持たせる人だったと仰っていました。具体的にどんな人にとは仰いませんでしたが、たしか「おにいさん」の言葉を発した記憶があるので、おばあさまのお宅の配管工事かもしれませんし、お家の工事だったかもしれませんが、何かしらお渡しになると言うのです。

 そして、雑誌で読んで知ったことは壇蜜さんも、仕事現場に手土産を持参するそうですね。現場に壇蜜さんの選んだお菓子を食べるスタッフの笑顔が浮かんできそうです。

 ファビュラスなゴージャスな叶姉妹は、差し入れがケタ違いだそうで、そんな気配りの出来る人とは仕事をしても楽しいですよ。叶姉妹をイロモノ的に見ていたこともありましたが、妹の美香さんは幼稚園の教員免許を持っているという意外な面を知り、教職を持たない私は、即尊敬しました。肌の露出は凄いけど、言葉遣いも所作も上品です。オマケに差し入れド~ン!は、仕事仲間の見方を周りにつけていますね。

 キモチが贈り物に現われます。言葉もステキなのですが、贈り物があれば更に喜ばれることでしょう。実は個人的な出来事に昨日の17時以降大忙しでした。メーシーズ近くにスイスのチョコレートのリンツのお店があり18時閉店です。急いで20分前に到着し、既に下調べした商品を店員さんに伝えましたが、それは店舗になく、似通った商品を3箱購入。紙袋は有料で3袋購入。

 自宅に戻りチョコレートを置くと、今度はドラッグストアーへ一目散。ここではギフトカードを買いました。100ドルは結構高額! しかし、骨折り損の仕事をしてくださった方には、金額をケチってはいけません。それから日系のスーパーに行き、ミルキーや(これは上白石萌音嬢が最近ミルキーのCMに出ているのを知ったので意識して購入!)、昔懐かしい黄金糖、今も現役ポッキーなどを購入しました。それぞれお世話になった方へ献上したいと思います。小さなカードに感謝の気持ちを記して。

 他人様のためにお金を使うと、不思議に運が良くなります。結局、他人様のためにすることは、巡り巡って自分に返ってくるのかもしれません。しかし、それを期待してはいけません。

 僭越ながら個人的体験も含めて贈り物について語ってみましたが、心のどこかに留めておかれ、お世話になった方への感謝、また、これからお世話になる方へ、心を込めて贈り物をすることは、人生光に向かう生き方に近づいているまもしれません。

ニューヨークから発信しています