「総裁選の隠れた注目ポイントは河野太郎氏の“火曜会”」「気になるのは竹下派の動き」!? 井上咲楽の政治通ぶりにネット驚き「ガチの人だ」

  by genkanaketara  Tags :  

7日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、タレントの井上咲楽が自民党・総裁選について語り、話題となっている。
 
候補者の乱立で混戦模様となっている自民党総裁選。現在、名前が挙がっているのは岸田文雄・前政調会長、石破茂・元幹事長、河野太郎行政・規制改革相、高市早苗・前総務相、野田聖子幹事長代行という5人。そのうち石破氏は出馬を見送り、河野氏を支持する方向で検討に入っているとも報じられている。
 
この顔ぶれについて谷原章介が、「この5人とも咲楽ちゃんはお会いしたことがあるということで、皆さんの印象的なエピソードとか注目されている方いますか?」と質問。すると彼女は「かなりインパクトが強かったのは河野太郎さんですね」と回答。「河野さんはすごくSNSが上手で若者に人気で、ユーモアあふれる方というイメージが大きいと思うんですけど、実際にお会いしたらユーモアの中にもかなり、ピリついた雰囲気というか、こちらがすごい緊張する雰囲気を出されていて本当に面白い方なんです」と、素顔を明かした。

彼女はまた、河野氏と会ったときの話について、「(河野氏が)大好物のドリアンを食べていまして、“ちょっと臭いので換気させてください”と言ったりとか面白かったりする」と補足した。続けて、「今、注目しているのが、“火曜会”っていう、火曜日に、河野さんを中心に、中堅・若手議員の方が集まってカレーを食べて色々お話される会があるらしい」と、河野氏が開いている勉強会について触れた。

「その“火曜会”のメンバーが一体、何人いるのかをオープンにされていないので、そこの動きも気になっています。その人たちが、どういうふうに河野さんに動いていくのかが気になりますね。色んな派閥の方が集まっているので」と、総裁選にどう影響するのか興味津々。
 
これを受けて谷原が、フジテレビ総理官邸キャップの鹿嶋豪心記者に「鹿嶋さん、“火曜会”はどのようなメンツが?」と尋ねると、鹿嶋記者は「すいません。ちょっと取材させていただきます」と、取材不足を素直に認めていた。

すると井上は、「鹿嶋さんにもう一つ聞きたいんですけど、竹下派の動きも気になってて、茂木さんが今注目されてるじゃないですか。でも竹下派は52人いて、かなり人数もいて無視できない派閥なので、その竹下派がまとまれるのかっていうのが気になります」と語った。「茂木さん」とは、竹下派の会長代行を務める茂木外務大臣のことだが、これに鹿嶋記者は「井上さんがおっしゃられたように52人いて実は、この派閥今回特殊な動きを他の派閥に比べてしているとみられます」などと答えていた。
 
趣味は国会傍聴という井上。そこで得られた豊富な知識を武器に、すでに田原総一朗ばりに、MC的な立場でスタジオを回していた。

SNS上では、
「井上咲楽見直したわ 政治の事かなり勉強しとるわ」
「三浦瑠璃よりゲストの井上咲楽の方が総裁選情報を持っていた」
「自民党総裁選についてめっちゃ詳しいから、これガチの人だってなってる」
など反響が寄せられている。

ライター。放送作家。