オトナの時計投資:エクスプローラーⅠを「偏愛する」有名芸能人たち

どうもライターの丸野裕行です。

サイドビジネスとして時計投資をしているミドル世代に、時計投資に関する知識やヴィンテージROLEXの大人の遊び方について解説していく、好評の《オトナの時計投資》シリーズ。

【連載】『シリーズ:オトナの時計投資』
https://getnews.jp/search/%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%8A%E3%81%AE%E6%99%82%E8%A8%88%E6%8A%95%E8%B3%87

コロナ禍の中でも、アンティークロレックスの価格は徐々に上昇しています。特にスポーツモデルの売買については、コロナショックがあってもすぐに戻るといった感じです。

そこで今回は番外編として、高額取引されている《ROLEXエクスプローラーⅠ》を愛してやまない有名芸能人について綴っていきたいと思います。

第11回目を迎える今回も、マニアックなROLEXコレクター垂涎の病的に欲しくなるエクスプローラーⅠについて触れていきますので、マニアの皆さんは必読です。

前11回に引き続き、取材協力いただけるのは、アンティークロレックス愛好家としても知名度が上昇中の時計投資家・神戸製薬株式会社代表の吉田ナリアキラさん。

超人気のエクスプローラーⅠを「偏愛する」芸能人にはどのような俳優さんやタレントさんがいるのか、他のスポーツモデルとはケースの厚さが違う、ドレスモデルにも似たこの時計の魅力をしかとお聞きください。

“探検家”の名を冠したROLEXが誕生する

丸野(以下、丸)「エクスプローラーⅠというのは、どういった時計なんですか?」

吉田さん「ロレックスは、1953年代初頭に時刻を正確に表示するというだけではない、過酷な環境下で使える時計を開発したんですね。ひとつは、深海でも水圧に負けないモデル《サブマリーナ》。もうひとつが世界一の高さを誇るエベレストに、人類として初登頂した遠征隊に敬意を表して開発したのが、“探検家”という意味を持つ《エクスプローラーⅠ》だったわけです

丸「僕も第3世代Ref.1016を所有していたんですが、本当にシンプルなデザインですよね

吉田さん「極限の環境下で使用するわけですから、ムダな装飾なんかはいらないとシンプルなフォルムになっています。時間を読み取るだけという視認性のみに重点を置いています。このモデルは、完成してから様々な冒険や探検に携行されて、その使用感を冒険家からフィードバックして、どんどんと成熟していったというわけです」

愛用する有名人は非常に多い

丸「他のモデルには黒文字盤と白文字盤がありますが、こちらのモデルは黒文字盤のみなんですね」

吉田さん「雪山など太陽の照り返しがある環境下は、黒文字盤の方が視認性が高いわけです。時刻だけがわかればいいので、デイト表示すらありません。逆に特殊な時計ですね」

丸「テレビや映画などマスメディアに出演する俳優やタレントさんは、やはり一般人とは違って経済力がありますよね。ROLEXという高価な時計を愛用する芸能人や著名人が多いと思うのですが……」

<写真:第3世代>

吉田さん「メルセデスベンツと同じく、やはりステータスの象徴ですからそうですね。リッチな雰囲気があり、スポーツモデルでもどこか優雅で、頑丈。使えば使うほど味が出るというもの、有名人がエクスプローラーⅠを選ぶ理由のひとつだと思います」

丸「そうでしょうね」

<写真:第3世代ムーブメント>

吉田さん「木村拓哉さんは、稀少なヴィンテージモデルの第3世代Ref.1016と、フジテレビのドラマ『ラブジェネレーション』で着用してバカ売れした第4世代Ref.14270、現行の第6世代Ref.214270など3本の《エクスプローラーⅠ》を所有しているようです。敷居の高いロレックスでも、入門編として購入する若者が多かったようですね」

丸「60回ローンくらいでね(笑)。僕もそうでしたから……」

ジャニーズ人気がすごい第3世代Ref.1016

丸「その他には?」

吉田さん「タレントとしてジャニーズ事務所を独立した中居正広さんの愛用モデルは第3世代Ref.1016ですね。その他にも、第3世代Ref.1016は、TOKIOの長瀬智也さん、元嵐の大野智さんも愛用していて、Ref.1016はジャニーズ所属の方に人気があるようです。草彅剛さんやKis-My-Ft2の千賀健永さん、Hey!Say!JUMPの山田涼介さんもみんなRef.1016です」

丸「なんだか、偶然とは思えませんね。先輩が着用していると、憧れが出るんでしょうか?」

吉田さん「どうですかね(笑)。お笑い芸人の陣内智則さんは、Ref.1016を中居正広さんから譲り受けたらしいです。うらやましいですよね。よく売れっ子の先輩が使っていた財布をもらうとその後輩も売れるという吉本興業の芸人さんの中で語り継がれる財布伝説を聞きますが、着けていたRef.1016を外して“コレあげるよ。いろんなことから守ってくれるから”と渡してくれたみたいですね。以前の結婚で元妻に結納返しでもらった特注の『パネライ』を後生大事に着けていた陣内さんも今では守ってもらえるので毎日つけているとテレビで語っていました」

<写真:筆者が所有していたRef.1016>

丸「第3世代はタマ数の多さもあるんじゃないですか?」

吉田さん「Ref.1016の製造期間は、1963年から1988年までと長かったから、そうなのかもしれませんね。《エクスプローラーⅠ》に関しては、《デイトナ》や《サブマリーナ》と違って研究が遅れていたようなんですよ。近年ではかなり急激に研究が進んだので、市場価格にも様々な差が出ているのが現状です」

その他の有名人

吉田さん「同じジャニーズでも、KAT-TUNの亀梨和也さんは第5世代Ref.114270を愛用。よく知られているのが、芸能界の大御所である所ジョージさん。愛用するのは、現行型のRef.214270です。2016年にマイナーチェンジしてケースが大きくなり、クロマライト夜光が文字盤数字3、6、9に塗布され、暗がりの中でも視認性が向上したモデルです。その他にデイトナなどもコレクションされているので、かなりの時計好きですね」

<写真:第5世代>

丸「俳優さんでは、伊藤英明さんも第5世代Ref.214270の愛用者です。唐沢寿明さんは屈指の時計マニアで、第4世代のRef.14270を愛用しているようですね。僕は、木下ほうかさんにエクスプローラーⅠの第3世代Ref.1060を譲ってもらいましたが、ほうかさんもかなりの数のロレックスをコレクションされてますからね」

<写真:第4世代>

<写真:第4世代ムーブメント>

吉田さん「そうですね。ほうかさんにヴィンテージロレックスを用意したことがありますが、『開運!なんでも鑑定団』に出演したときのエクスプローラーⅠもとんでもない値段がついていましたから(笑)

その他、ココリコ遠藤さん、ダウンタウン浜田さん、俳優の小澤征悦さん・塚本高史さん、アーティストの『EXILE』TAKAHIROさん・MATSUさん、海外でいえば、ハリウッド俳優のマッド・デイモン、ジェイソン・ステイサム、オーランドブルーム、アップル社のCEOであるティム・クックなどがエクスプローラーⅠ愛用者として知られています。

ディープなアンティークROLEXの世界。次回もマニアが狂喜するROLEXやその他のブランド時計について、綴っていきたいと思います。

取材協力:神戸製薬株式会社
https://neoyag.jp/category/watch/

※ビンテージROLEXへの投資はあくまで自己責任でよろしくお願いいたします。

[協力]Watchfan.com 永久保存版ロレックス2018 Summer(GEIBUN MOOKS)

(C)クオーク、芸文社

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』『神戸製薬株式会社present's NEOYAG』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンジャポ』、テレビ朝日『EXD44』『ワイドスクランブル』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: https://twitter

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5