「コロナが怖い」で引退した力士 ◆ 引退後の発言で『親方VS元力士』どちらに軍配があがる?

  by あおぞら  Tags :  

先ず最初にこのニュース記事を読んだ時、元力士側の気持ちがよくわかりましたし、親方が冷たいとも感じました。

そして、この元力士が引退して即、貴闘力のYouTubeに出演し親方批判をしているのを見て驚きました。現役時代に貴闘力には相談に乗ってもらったりしていたそうですが、これは『どうかな?』と思える行動だったと思いますね。

貴闘力は2010年、野球賭博が発覚し警視庁に取り調べを受け認め、相撲協会に退職届を提出したが認められず解雇処分になった問題ありの人なんですね。ですからそういう人と現役力士が繋がっていることを佐渡ヶ島親方が知っていたか知らないかわかりませんが、佐渡ヶ島部屋の力士としては道義上オカシイんですね。

それに力士はSNSが認められていないそうですが、元力士は現役中にTwitterをしていて、それも相撲協会から親方にSNSを弟子がやめるように指示があり、一旦はやめていたのに、現役中に再開し角界の批判などを呟いているのです。

どの社会も厳しいですが、特に相撲の世界のしきたりは厳しく、それもわかって入門している筈です。もうこの時点でクビを言い渡されてもいいくらいでした。

それなのにこの力士は貴闘力のYouTubeで、他の部屋からスカウトもあったが佐渡ヶ島親方は「父親代わりになる」と言ってくれたので入門を決めたそうです。相撲部屋の親方は皆そういう気持ちで弟子を迎えると思います。

はぁ、世の中いろいろ難しいですね、ため息が出ちゃう。

どうなんでしょう、親方にも至らないところもあったと思いますよ、しかし、弟子として先ず言いつけが守れないようじゃ親代わりにはなれないでしょうし、またこの元力士も心臓の手術を受けているので、力士としてはかなりリスキーであり上を目指すには無理があったのかもしれません。親方もそのことはわかっていたのでしょう。

親方の命令も聞かず、今度は「コロナが怖い」と言うようでしたら、相撲界では生きていけないと判断されて当然だと思います。

貴闘力は人間的にはいい人だと思いますが、自分の立場を考えたら現役力士複数にアドバイスを与えていると仰いますが、それは控えた方がいいと思いますし、また引退した元力士を自分のYouTubeに出して、力士の言い分ばかり聞いて涙するようなことは決して元力士のためにはならないと思います。

批判されている佐渡ヶ島親方は立場上言い返したりはできない筈です。喧嘩両成敗、だいたい問題が起きるのは双方に問題があってのことなのです。

悔しくても黙って耐えなければならない時があります。ましてや相撲の世界は男の世界です。辞めてすぐにペラペラ文句を言うのは感心しません。それに貴闘力も元力士に肩入れして自身のYouTubeで佐渡ヶ島親方批判も良くないと思います。

佐渡ヶ島親方の方が正しいような気がしています。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/piroyuki_kanagawa/3300443968/sizes/z/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro