まだまだあった!京都・右京区密集の「絶品京都ラーメン店」5選!

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもライターの丸野裕行です。

前回、京都ラーメンの聖地だといわれる京都左京区一乗寺にも負けない名店が多い地域が、京都右京区。そのことを以前の記事でもお伝えしたのですが、右京区にはまだまだ紹介すべき名店が多いです。

前回の記事:《京都一乗寺だけじゃない!右京区に密集する「絶品京都ラーメン店」5選!》[リンク]

筆者が事務所を構えている京都市右京区内の絶品ラーメン店と、ラーメンライターに教えてもらった筆者お気に入りの祇園のラーメン店を1軒ご紹介したいと思います。

筆者自身が実際に巡ってみた最強ラーメン店の数々、とくとご覧あれ!

名店がいっぱいあるぞ、京都嵯峨野近辺!

風情あふれる京都らしい嵐山、嵯峨野近辺には京都ラーメンの名店が数多くあります。

実食してみて感じたその味の数々、京都観光にきた際にはぜひ味わってみてくださいね!

JR山陰線花園『ラーメン親爺』

駅からすぐにある妙心寺東側に店を出す老舗ラーメン店なのが『ラーメン親爺』さんです。

メニューがいい。昔ながらの昭和ラーメンといった趣のある素朴な手書きのメニュー表。

漆黒のスープは、インパクト大! ちょっと塩辛いのかな、と思いきや、その見た目とはまったく違うマイルドな口当たり。若干甘めな醤油味にほっとできる、そんなラーメンです。

ふりかけられたコショウの加減で、キレが出る。中細ストレート麺にトッピングは自由自在。何度も食べたくなるシンプルな京都ラーメンを求めるなら、ここなのかもしれません!

店名:『ラーメン親爺』
住所:京都府京都市右京区花園木辻南町22
TEL:075-463-0406
営業時間:
[月・火・木・金・土・日・祝・祝前]
11:00〜23:30
定休日:毎月第2月曜日、毎週水曜日

京都松尾大社『ラーメン大輝』

京都四条通・八坂神社の対極にあるのが松尾大社。そこから歩いて10分ほどの場所にあるのが、『ラーメン大輝』さんです。

自家製麺が自慢で、行列ができるほど熱烈なファンがいるこのお店の一番人気は、豚骨スープベースの醤油ラーメン

ジャンクな自家製チャーシュー、ネギ多めでまとまられたこちらのラーメンの見た目は、《THE 京都ラーメン》!

味わい自体はそんなに濃いめではないのに、奥深いコクのある完成度の高いスープは、あとひくうまさです!

店名:『ラーメン大輝』
住所:京都府京都市右京区梅津西浦町16 レディースヴィラ’80 1F
TEL:075-882-9897
営業時間:
[火~金・土・日・祝・祝前]
11:00〜22:00
定休日:毎週月曜日

京福電鉄車折神社『らーめん嵐』

長時間じっくりと煮込まれた濃い目の豚骨スープに塩を合わせた独特のラーメンを出すこのお店は、2010年OPEN以来大人気!

極細の麺を使った豚骨塩ラーメンは、後味あっさり。なぜなのかと思っていると、なんとラーメンに京漬物がのっかっている!

さらに、自慢のチャーハンには、しば漬を入れた和風なのがまた京都らしい! 京都ラーメンに新風を吹き込むこちらのメニュー、意外といいんです!

ランチタイムには、セットメニューが充実しているので、お昼がオススメです!

店名:『らーめん嵐』
住所:京都府京都市右京区嵯峨広沢南野町12-2
TEL:075-881-9551
営業時間:
[火~金・土・日・祝]
ランチ:11:00〜15:00 LO14:30
ディナー:18:00〜22:00 LO21:30
定休日:毎月第3日曜日、毎週月曜日

京福電鉄鹿王院『ラーメンキャプテン』

ご家族で和気あいあいとお店をやっている感ハンパないお店が『ラーメンキャプテン』さんです。

丸太町通りにあり、いつ行ってもファミリーの温かさを感じられ、ほっとできるこのお店には、カウンター7席、テーブル席で4人がけが2つあります。

地元に愛される豚骨醤油の京都ラーメンが、売りになっているようですね。

寒くなる季節になると、このアッサリ系のスープをレンゲで掬い、ひと啜りするだけで、体中に染みわたる感じがします。

中細ストレート麺とモヤシのバランスも抜群。ラーメン藤か第一旭に近い京都ラーメンの味わいですね。

店名:『ラーメンキャプテン』
住所:京都府京都市右京区嵯峨新宮町45-18
TEL:075-881-7740
営業時間:
[月・火・木・金]
11:00~16:00
[土・日・祝]
11:00~21:00
日曜営業
定休日:毎週水曜日

太秦広隆寺『じゅげむ』

京都市右京区の広隆寺近くにひっそりとたたずむ名店がこちら!

入口はこじんまりしているのですが、入ってみると手前に座敷席が2つ、テーブル席数卓、厨房を取り囲むようなL字カウンター6席程度あり、広めのお店だということがわかります。メニューは多種多様で、ご夫婦ふたりで切り盛りしているのが、驚いてしまうくらい。“醤油”や“塩”、“味噌”やキムチラーメン、野菜カレーラーメン、野菜炒めラーメン、豚キムチラーメンというのまであります。

今回注文してみたのは、醤油ラーメン。はてさて、どのようなラーメンが出てくるのか……。出てきたのは、京都ラーメンっぽい背脂チャッチャ系ではない濃厚豚骨醤油ラーメン。美味そうに濁っていますね!

ひと啜りすると、京都ラーメンでは珍しい香ばしいニンニクマー油の香り。厚みのあるチャーシュー2枚と刻み葱、メンマがニンニクマー油にピッタリ合います! パンチの効いた豚骨出汁の効いた豚骨醤油スープ。かなりワイルドなスープですね、これは! チャーシューは持って帰りたいくらいの脂身トロンの旨さです!

店名:『じゅげむ』
住所:京都府京都市右京区太秦椙ケ本町5-8
TEL:075-861-6641
営業時間:
11:00~14:30 17:30~24:00
定休日:不定休※要電話確認

右京区には他にも、ホットなラーメン地帯になっているのは、京都祇園なんだそうなので、次回またそちらに出没してみたいと思います!

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『アサヒ芸能』『実話ナックルズ』やその他有名週刊誌で執筆、『プレジデントオンライン』の待機中。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』のポータルサイト編集長。 文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンジャポ』、テレビ朝日『EXD44』『ワイドスクランブル』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5