小室佳代さんを動物に例えると…. ごめんなさい🙇、ハイエナです

  by あおぞら  Tags :  

眞子内親王殿下は小室圭さんと結婚されるようですね。

11月30日、テレビ朝日のニュースで小室佳代さんの元婚約者の方が『小室圭さん母親の元婚約者「お金の返済求めない」』と報道されていました。そのニュースでは

元婚約者の男性の代理人によりますと、男性が小室さんの母親に渡したおよそ400万円の返済を巡る話し合いは去年の夏に始まりました。進展がない中で男性は「ご結婚の障害になっている」と考え、去年12月に「もう返済は求めないので話し合いを終わらせたい」と申し出たと言うことです。小室さんの母親は男性側に対して「『問題は”解決済み”と公表すること』を求めましたが、男性は解決とは考えず、平行線のままだったと代理人は話しています。代理人は「眞子さまがお気持ちを発表されたことをきっかけに男性は返済を求めない意向を公表する決意をした」としています。

とあります。このニュースは何も日本国内だけのものでなく、イギリスBBCでも報道され、小室圭さんが「既に解決済み」と公表しているとの記事も出ておりました。

He said the issue of an unpaid loan to his mother’s ex-fiancé had been settled. But the former fiancé told local media the issue was unresolved.

世界に恥部を晒しているようで、もうこの時点で眞子内親王殿下と結婚する相手には到底思えません。

このニュースに関するコメントの多さに驚かされますが、コメントの的確さ、ものの考え方、判断基準、どれをとっても優れていて日本国民の賢明さを改めて確認し、誇らしくなったほどですが、それにしても小室圭さんや小室佳代さんはあまりにも非情ではないでしょうか。

人にお金を貸した経験はおありですか?私の例で恐縮ですが、留学前に英語の学校に数か月通ったことがありました。原宿にあるその英語学校は目が飛び出る程、月謝が高く、それでも必要に迫られ通いました。今、振り返ると付け焼刃ではいくら月謝が高くても、それは実績には繋がりませんでした。

その英語学校のクラスメイトとお昼には食事をしました。場所柄食事をする所には困らず、ランチのお値段も若干高めでした。クラスメイトが財布を忘れたので1000円を貸して欲しいというので、それだけの月謝が払える人だし、悪そうではない男性なので、すんなりお貸ししました。

しかし、翌日会っても返す気配がない。貸した側って意外に「返して!」って言えないものなのです。でも、私もお人よしで終わりたくないし、貸した上に1000円と言えども踏み倒されるのは癪なので、イロイロ言葉を駆使しながら「1000円返して」を言ってみたのですが、なぜか聞き流されたのです。クヤシイ~!!

意志の強い人はそこでもう一度「貸した1000円返して!」って言えるでしょうが、私は言えませんでした。そして翌日行ってみても生返事。ダンダン腹が立ってきました!そこで苛立ちながら「貸したお金を返してください!」と懇願すると、ようやく貸した1000円が返ってきました。

1000円でこれだけ苦い思いをするのですから、元婚約者の方が小室佳代さんへ貸し付けた400万円強が長年宙に浮いたことを考えるとお気の毒でなりません。

アッシー、メッシーと小室親子に体のいいように使われ、小室圭さんの成人祝いには5万円の靴をお祝い品として上げたり、帝国ホテルの写真館で記念撮影費を出したり、高級レストランでの会食、また小室さんが短期留学の際には成田まで車を走らせ、その留学費用も工面させられ、小室圭さんが眞子内親王殿下との結婚の運びは元婚約者なくしては成立しませんでした。恩人も恩人、元婚約者に足を向けて眠られないのがフツーの人の神経です。

小室親子がまさか国家転覆を狙っている?とまで勘繰りたくなるような、異常なこの結婚に関しての執着。フツーの神経をしていれば借金を踏み倒すことは出来ないですし、それが日本国民に周知の事実になってしまったら、もう恥ずかしくて外には出られない赤面モノで、婚約内定を速やかに辞退するのが人の道ではないでしょうかね?

小室佳代さんは警察官二人を付き添い、洋菓子店のパートに出かけます。それも眞子内親王殿下が結婚のお気持ちを発表されてから、週刊新潮によると『本誌が捉えた「小室佳代さん」イメチェン姿 「お気持ち」公表直後に』とあり、記事には『以前よりも明るくなった茶髪の頭にメガネを乗せた佳代さんは、職場の洋菓子店の事務所を出ると、周囲を気にすることもなく、堂々とした足取りで去っていった。息子の縁談が前進したことで、服装や足取りにも自信がみなぎっているのだろうか。』とあります。

恐ろしや、恐ろしや。

この方、ハイエナみたいです。実際、ハイエナに見た目も似ているような気がします。日本国民の大多数がこの結婚に反対されているのは、やはり理由があるし、眞子内親王殿下が結婚されても幸せになれない予測がついているからだと思うのです。

童話『赤ずきんちゃん』に登場する悪者はきつねですが、眞子内親王殿下の結婚に於いて、小室佳代さんはきつねレベルでなくハイエナ並みの破壊力で、プリンセスを壊しにかかる気がしてならないのです。

小室圭さんは眞子内親王殿下にふさわしくないのですから、婚約内定を速やかに辞退する方が男らしかったし、また人間らしかったと思います。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/[email protected]/46123640352/sizes/z/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro