上沼恵美子さん、ラジオで他人様の結納金を聞くのは下品ですよ!

  by あおぞら  Tags :  

毎週聴くラジオは『こころ晴天』。パーソナリティーはここ数年ヤフーニュースに頻繁に登場している上沼恵美子さん。”さん付け”するのは、ちょっと批判めいたことを書くからなんざんす。

上沼恵美子さんは話術に長けた関西の女帝と呼ばれるお笑いの大御所。スパッと物事を批判されるので聞いていて気持ちいいんですね、しかもユーモアーに満ちているので、悪口、陰口も結構カラッと仕上がり後味は悪くない。

しかしですね、ここ数年、ちょっと問題発言が多く、それらは気になっていました。ラジオで共演しているアナウンサーにもチョット失礼な言葉を投げかけてみたり、聞いていて不愉快になることも多々ありました。

それで例のヤフーニュースで『上沼恵美子』の名前をみつけて、その『こころ晴天』でゲスト出演され今月結婚された芸人に結納金がいくらかを聞いていると書かれていたんです。

『こりゃイカン!』とYouTubeで早速ラジオを聞いてみました(因みに私はニューヨーク在住です)。

先ず、ヤフーニュースにコメント入れている方々の良識ある意見に賛同しますね。このヤフーニュースのコメントされる人たちは極めてバランスのとれた考え方をしていらして、そのまま情報番組のコメンテイター席へどうぞ!と言いたくなりますね、もし私に権限があればですけど…

要するに人々が書き込んでいる「結納金なんて聞くべきではない!」が結論でしょう。

なんて下品なんざんしょ!

訊かれた芸人は賢い返しをされてい、金額そのものを言わずに「〇本」と答えていたので、湾曲的だけど金額はわかってしまいました。それにしても賢い切り返しでしたね。

上沼恵美子さんは芸人に結納金の質問をまだ続け、結納返しの金額は結納金の半額であったことや、女子アナの実家宅に行った様子、家の説明、父親の職業やらを矢継ぎ早に聞く始末。

父親の職業はメディアでも報道されていましたので、それはいいとしても挨拶に行った先で何が出たとか、何をしたとか、そこまで聞くのもチョット過ぎるけど、やはり結納金の額を公共の電波、しかも生放送で聞くべきではないでしょう。訊かれた相手も、上沼さんに聞かれたら答えるしか選択肢はなし。これ一種のパワハラと言えると思いますよ。

こういうことってある程度ラジオ局も意見はしていた方がいいと思いますね。これを野放しにするからいろいろ世間で叩かれた発言がラジオの生放送で生じたわけで、大御所になると野放しにされ過ぎるのが問題なんですよね。言い過ぎかもしれないけど北朝鮮の恰幅のいい権力者と同類と言うか….

数週間前の放送でも、過去コマーシャルした食品のことを名前を出して悪口を言っていたのです。その食品は今も売れている商品で、過去自分がお世話になった食品会社に、もう終わったことだからと悪口を言うのもなんだか、なんだか…

これは何も上沼さんだけでなく、この手の人は実は権力者に弱く、力あるものには尻尾を振るのですね。しかし、この手の人たちは、自分は正直者で、権力のある人に媚びる人を毛嫌いすると、自分がしておきながら他人事のように平気で言える特徴があるようです。周りにそんな人いませんでしょうか?

晩節を汚すとは言い過ぎかもしれませんが、それにしても大御所になり過ぎたから、それこそ裸の王様のように周りで誰も何も言えなくなっているのだと思います。

気になるのは共演する若い芸人や、また、レギュラーの芸人&独身の男性アナウンサーに海外旅行の話をする時、”いかにも自分は世界を旅しています”と言うような風を吹かすことなんですねぇ。今日日、海外旅行なんて行っている人は珍しくないし、上沼さんのように、旅先で日本人や日本語を話すガイドを雇っての旅なんて、カッコ悪いと思う人も多いはずなんですね。

上沼さんはその国に行っていない人の前で、自分より格下の前で自慢げに話すけど、もし話す相手が例えば大使や、商社マンや、学者や海外経験が豊富で、語学に堪能の人たちなら、急に自分を遜ってしまうと思いますね。これは何も上沼さんだけでなく、所謂”この手”の人にありがちな傾向です。

それでも上沼恵美子さんは好きですよ。でも、厳しく言うとラジオで話す内容に誤情報が多い、言葉を知らない、自慢が笑いでなく嫌味に聞こえることが多くなっている…等々 ご本人は不本意でしょうけど、この暴走が続く限りはこれからもヤフーニュースにはいろいろとマイナスのニュースが出てくると思いますね、流れですね…

これってね、ご本人の問題もあるでしょうが、裸の女王様に仕立てている周りにも問題ありと、取り巻きが気づかなくちゃって思いますね。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/puttama/6997844284/sizes/z/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro