京都一乗寺だけじゃない!右京区に密集する「絶品京都ラーメン店」5選!

  by 丸野裕行  Tags :  

どうもライターの丸野裕行です。

京都ラーメンの名店密集地として、まず一番に取り上げられるのがラーメンファンはご存知の京都市左京区の一乗寺ですが、本当にあそこだけなんでしょうか?

実は何を隠そう、京都市右京区には他にもうまいラーメン店が密集しているんですね。そこで今回は、京都在住のラーメンマニアに教えてもらった右京区に拠点を持つ絶品ラーメン店を、筆者自身が一週間かけて実際に巡ってみました!

右京区にはいっぱいあるぞ! 最強ラーメン店!

昔、『木屋町DARUMA』という遠藤憲一さん主演のヤクザ映画をやったときにお世話になった東映撮影所がある京都市右京区に事務所を構えて、数年。気になるお店がいっぱいあるんですが、一軒目には昔からあるラーメン店を選んでみました。

右京区梅津『ラーメンかみのばし大栄』

初日に来店してみたのは、京都の名店と名高い第一旭系のあっさりスープが評判の『ラーメンかみのばし大栄』さんです。

お店の佇まいは、やはり「昔ながらの人気店何だろうな」という老舗の雰囲気。

メニューに関しても、シンプル・イズ・ベスト!

<写真:潔いメニューに大将の腹の括り方を感じる>

ラーメンの味はといえば、懐かしい醤油スープで超あっさり。亡くなった父親に昔連れていかれた頑固オヤジがやっている近所のラーメンを思い出すような、郷愁ラーメンですね。

モヤシのシャキシャキ感がいい。チャーシューも食べ応えがあって、しっかりとバランスが取れていると思います。ただ、「柔道部の学生かよ!?」というようなボリュームがあって、ミニにしておいた方がよかったと後悔しました。

店名:『ラーメンかみのばし大栄』
住所:京都府京都市右京区梅津石灘町49
TEL:075-865-2965
営業時間:
11:00-15:00
17:00-21:.00
定休日:水曜日

右京区梅津『新福菜館 天神川店』

京都駅近くで『第一旭』と共に長い行列を作る『新福菜館』。最近では、なんと京都烏丸にある百貨店『大丸京都店』の中にまで出店。京都を代表するラーメンとしてその勢いは止まるところを知りません。

いやはや独特の黒いスープは、その色とは逆にあっさりしていながら、パンチのあるコクがあります。それに、漆黒のスープに沈む太目の麺は、これまた食べ応えあり。

<写真:無料のゆで卵を入れるもよし!>

いつ食べてもうまいですね。それに、モヤシとネギを多めにしてもらえれば、恐ろしいほど山盛りにしてくれます。

それと平日限定ですが、ゆで卵が無料提供されるところもいいですね! 学生さんや体を使う仕事をしている人にはボリューム満点なのではないでしょうか?

店名:『新福菜館 天神川店』
住所:京都府京都市右京区梅津南広町33
TEL:075-864-9728
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:40)
定休日:第1・第3水曜日

右京区西院『来来亭 四条葛野大路店』

滋賀県発祥、安定したラーメンの味で全国に店舗を増やし続けている『来来亭』。

「なんだよ、来来亭ならウチの近くにもあるよ」などと侮るなかれ。

スタンダードな背脂醤油ラーメンもいいのですが、この葛野大路店で食べてほしいのは、カレーラーメン!

紙エプロンをつけて、一気に啜りあげる濃厚カレー&極太麺、背脂のうまさに思わず「ムムム……」と唸ってしまいました。筆者は、ただでさえスパイシーなドロッとした濃いスープに、卓上にある辛味噌をインして、辛さを倍増。激辛スープと別注のライスとの相性バッチリです。

<写真:辛い味噌をIN!>

このお店のこだわりカレーラーメン、一食の価値ありです。

店名:『来来亭 四条葛野大路店』
住所:京都府京都市右京区西院東貝川町36-1
TEL:075-321-8994
営業時間:11:00~24:00
定休日:火曜日

右京区西院『麺処 鶏谷』

彗星の如く現れた無化調ラーメンの名店『麺処 鶏谷』は、昼時にはなかなか入店することができないほどの注目すべき人気店です。

超あっさりの鶏そばと超コッテリの熟成鶏そばの両方を楽しめるお店で、その他にもまぜそばなども充実。鶏そばのその味わい深い澄んだスープは、もう料亭の味と言っても過言ではありません。

<写真:京料理の領域に入る鶏そばのスープ>

ずっと飲み続けていたいスープって、筆者は初体験でした。

熟成鶏そばは、深みのある鶏と野菜が溶け込んだ濃厚スープが麺に絡みまくりです。他府県から京都に来てでも、食べて損はない素晴らしい一杯です。

店名:『麺処 鶏谷』
住所:京都府京都市右京区西院四条畑町1-22
TEL:075-754-7969
営業時間:
平日 11:30~14:30 18:00~22:00(売切れ次第終了)
土・日・祝 11:15~15:00 18:00~22:00(売切次第終了)
定休日:無休

右京区山ノ内『キラメキチキンハート』

左京区一乗寺に本店がある京都ラーメンのニューウェーブ『キラメキチキンハート』は、5年前右京区にある京都外国語大学の近くにも出店。行列のできる人気店になっています。

数種類のラーメンを取り揃え、毎日食べに行ったとしても飽きさせないメニュー群。アッサリ系というよりは、濃厚なラーメンが多いかもしれません。

<写真:鶏とんこつラーメン醤油>

その中でもオススメは、《極太系まぜそば小麦のチカラ》。麺の量が選べるのですが、普通で200グラム、大盛りで300グラム。400、500グラムと注文をしている巨躯の男性もいました。

極太麺なので茹で時間が少しかかりますが、愛想のいい店員さんが出してくれるまぜそばは圧巻。背脂追加&ニンニク入りの麺を下からよく混ぜて、濃い目のスープとよく絡ませます。

実食!

めちゃくちゃ旨い! ゼリーのように柔らかい背脂と混然一体になって、口中に飛び込んできます。いや、これはヤバいですよ、本当に旨い。300グラムは相当なボリュームがあるんですが、とにかく箸が止まらない。そのジャンクな味は、クセになります。

店名:『キラメキチキンハート』
住所:京都府京都市右京区山ノ内苗町28
TEL:075-754-6388
営業時間:
11:00~14:30
18:00~22:30
定休日:無休

右京区には他にも、祇園に本店がある『京(みやこ)ラーメン』ザ・京都ラーメンと言える『大輝ラーメン』鶏を長時間に込んだスープを味わえる『天天有』なども高評価だそうで、次回また訪問してみたいと思います。

丸野裕行

丸野裕行(まるのひろゆき) 1976年京都生まれ。 小説家、脚本家、フリーライター、映画プロデューサー、株式会社オトコノアジト代表取締役。 作家として様々な書籍や雑誌に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。 『丸野裕行の裏ネタJournal』や『初めての不動産投資マガジン』『神戸製薬株式会社present's NEOYAG』などのポータルサイト編集長、文化人タレントとして、BSスカパー『ダラケseason14』、TBS『サンジャポ』、テレビ朝日『EXD44』『ワイドスクランブル』、テレビ東京『じっくり聞いタロウ』、AbemaTV『スピードワゴンのThe Night』、東京MX『5時に夢中!』などのテレビなどで活動。地元京都のコラム掲載誌『京都夜本』配布中! 執筆・テレビ出演・お仕事のご依頼は、丸野裕行公式サイト『裏ネタJournal』から↓ ↓ ↓

ウェブサイト: https://maruno-hiroyuki.com/

Twitter: https://twitter

Facebook: https://www.facebook.com/hiroyuki.maruno.5