返礼を知らないカジサック◆上沼恵美子の逆鱗に触れた理由

  by あおぞら  Tags :  

なぜ梶原雄太さんは上沼恵美子さんを激怒させたか?

コレ、実に明快に理由がわかるんです。

梶原雄太さんはしきたりを知らなかったんですね。しきたりを知らないということは礼儀知らずとも言えるし、常識がないとも言えるし、キツイ言い方をすれば教養がないとまで言われるのです。

写真は重箱です。今は重箱に手作りのおはぎを入れて差し上げるということは、ほぼないかと思いますが、その昔は、親しい間柄の人に、そのようにしていたものなのです。

重箱ごとプレゼントするのではなく、食べ終わったら重箱を綺麗に洗ってお返ししますが、その重箱を空のままで返すとなると、しきたりを知らない、礼儀知らず、常識がない、教養がない…とまでエスカレートされることもあります。もし、空のままで返すような人なら、もう付き合いもほどほどにと言う事で距離を置かれることでしょう。

おそらく梶原さんはそういうしきたりを知らないと思います。母子家庭で子供を躾けるまで手が回らなかったかもしれないし、お母さまご自身がそういうことをわかっていらっしゃらないと、なかなかしきたりを学ぶ機会はないかもしれません。

上沼恵美子さんは太っ腹と言われています。ご自身の冠番組の打ち上げなどは、高級焼き肉店へレギュラー陣、スタッフと総出で出かけ、お支払いは毎度上沼さんが支払われるそうです。

梶原さんはいままで数えきれないほど、上沼さんにご馳走になり、またお世話にもなり、ご自身も上沼さんは恩人だと公言していらっしゃいます。そういうなら、YouTuberとして登録者200万人も超え、収入も師匠のような上沼さんを追い抜いた筈でしょうから、そこはスタッフ総出で高級なレストランで振舞う位しないといけなかったと思います。

事実、上沼さんと共演しているテレビやラジオでは、”稼いでいるのだからご馳走しなさい!”的なことは耳にタコが出来る程言われていました。その都度、ごちそうすると言っておきながら、結局、何もしていなかったようですね。

礼儀知らず、しきたりを知らない人は、特に年長者からは嫌われますね。

上沼さんを激怒させない方法はいくらでもあった筈なのです。先ず、奥様が上沼さんにお手紙をし、数十万位の感謝のお品を贈ることは出来た筈で、それだけ成功のきっかけを与えてもらったのですから、本当に感謝しているのであれば自ずと夫婦で行動できると思うのですね。

口で感謝をするのは当たり前、大人の世界は品物を伴うものなのです。しかも、高収入になっているのは世間の人が知っているのですから、けち臭い贈り物はご法度です。

上沼さんのラジオに出演していたごく最近の梶原さんの回で、梶原さんが上沼さんに贈り物をしているのがわかったのですが、ウーロン茶と言っていました。梶原さんはご自分でまるで気が利くような口調で、重いものをお送りするのがいいかなと。おそらく箱でおくっていらっしゃるのでしょうが、上沼恵美子さんのようなグルメかつ、お金持ちの方にウーロン茶はないんじゃないですか?そういうチョイスも上沼さんにしてみればイライライライラだったことでしょう。

上沼さんご自身が気が利き、人に対してお金を惜しみなく使われ、人を喜ばせることを実践してきているので、もし、梶原さんが上沼さんを言葉通りに尊敬しているのであれば、ちゃんと後姿を見ながら、同じように学んでいかなければならなかったのです。

口は何でも言えますからね。それに梶原さんのヨイショが過ぎますし、言葉に重みもないし、誉め言葉もお世辞にしか聞こえないので、しっかり付き合っている間柄だと、なんだかしっくりこないし、不快な気持ちになると思います。

会食のマナーも知らないし、ご馳走されるだけされて、自分が高収入になっても返礼すら出来ないとなると、これは上沼さんに怒られて当然です。上沼さんがケチを一番嫌っているのを身近にいればわかっていたはずなのに。

ビートたけしさんは再婚する前までは、ポチ袋に1万円を入れて関係者に配っていたそうです。実際、私の友人夫婦がもらったことがあるそうです。その夫婦は映画関係者で海外の映画祭でたけしさんとご一緒する機会があり、日本人同士と言う事で、食事に誘われてご馳走になったそうです。食事の後、たけしさんが描かれた天使のイラストに1万円入りのポチ袋を夫婦それぞれにもらったとのことでした。

それにキャイ~ンのウド鈴木さんは、飲み会の後、後輩芸人全員にタクシー代として1万円あげるそうです。よしもと芸人にまであげていたことを、もらった芸人のYouTubeで見ました。ポチ袋にはウドちゃんだけの名前でなく、キャイ~ンと書かれていたそうです、その場に天野君はいなかった筈ですよ。

こういう話、美しいと思いません?

金は天下の回り物なんですよ、特に芸能界はそうです。

梶原さんはお世話になり、成功のきっかけを与えてくれた、不遇の時代に拾ってくれた恩人に礼儀を欠いたのです。収入もうなぎ上りになるのであれば、もっと世の中の常識を身につけなくてはいけません。

日本には返礼と言う美しい儀式があります。

大金持ちになっても返礼できないなら、ご馳走してもらわないことです。キャッチボールはボールが行ったり来たりするから成り立つのであって、一方的に投げるばかりじゃ、投げている人がボールも用意して、投球して疲れるじゃないですか。

カジサックよ、YouTube動画をあげるより、『冠婚葬祭入門』や『礼儀』や『しきたり』の本を読んで、もう少し人間らしく振舞って欲しいですね。

ご馳走されるだけされて、何もお返しもしないで、収入がかつての10倍とか言っていると、そりゃ反感買いますよ。調子に乗るし、言葉に心がないし、ケチであれば、この三大要素は上沼恵美子さんが最も嫌う要素じゃないですか。

そりゃ、逆鱗に触れるわ。上沼さんもキツク当たったことは確かですが、そもそもの原因は梶原さんにありだと思いますよ。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/yukimune/16208946921/sizes/z/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro