ゆうこりんの別居報道について勝手に考察する

  by あおぞら  Tags :  

英語にGold Diggerという言葉があります。翻訳機で調べたら『金採掘者』と出た!

これは若い女性が年の離れた大金持ちと結婚する際に使われる、少々品位に欠ける言葉、イヤ、嘲笑に近い言葉なんですね。

小倉優子の再婚相手は何も年が離れているわけではないし、ゆうこりんもタレントとしての人気を維持しているので、Gold Diggerの金採掘者には当たらないと思います。

しかし、出会って半年後に子連れで再婚に至るのには、相手の職業が開業医の歯科医であったことは一番大きな決め手だったと思うのです。芸能ニュースでは、再婚相手の顔がフットボールアワーの岩尾望とノンスタイルの井上裕介を足して割ったような顔と形容し、顔が決め手ではないことを強調していましたが、じゃ、相手がフツーのサラリーマンなら知り合って半年で再婚まで漕ぎつけたか?…ですよね。

夫の歯科医は初婚、しかも、40代。40代の初婚の男性が二人の子連れの女性と再婚とは、相当女性のことが好きに思えますよね。一般人が芸能人と結婚するってハードルは高そうです。旦那さんの方も、言い方は悪いですが、結構、いい根性をしていると思います。

ゆうこりんの結婚は、お互いが『得する部分』に焦点を当てた打算的な結婚だったのではないかと、この現状から考えてしまいますね。

メディアの情報がすべてではないでしょうし、当人同士にしかわからないことがあると思いますが、なんとなく、なんとなくですがね、今まで出ているニュースや、そのニュースにコメントしている方々の感想を読みながら新たに知ることもあるのですが「ゆうこりんの声が変わった!」とあるので、動画検索してみると10代の小倉優子の姿が見えて、実際、声が低いのです。

10代で野太い声で、30代半ばで可愛らしいか細い声で、この変化はあざといと思いました。要するに二面性があるのですね。声を変える女性、もしくは男性を信用しません、個人的に。

あるグラビアタレントが舌足らずの話し方で、聞いていてウザくて仕方ありませんでしたが、内心『この作り声のビキニの女性はいずれ声を変える…』と踏んでおりましたら、見事に変えておりました。若いうちは甘ったれた話し方で、ある程度年齢がいき、グラビアで勝負できないと、バラエティー番組に移行ですが、アシスタントを狙っているのかまるでアナウンサーのような口調のタレントを見ました。

”作り声判別監視員”と勝手に自認している私は、結婚生活1年強で別居に至り、夫とは弁護士を通しての話し合いとなってしまったゆうこりんの二面性に夫が驚いてしまったのではないかと思ってしまうのです。

一般人の夫は何もコメントをしないと思ったのでしょうが、反撃をし始め、あちらも歯科医で世間的にも立場があるので妻に対してあれこれ暴露しない賢明さがあるようですが、それで小倉優子の言い分の「夫は芸能界引退を希望」に対し、夫は「私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と反撃。こういうギクシャクが生じてはもう修復は無理でしょう。

歯科医の夫が自分の子供を身ごもった妻を置いて家を出るのは相当のことだと思います。

昔話にありそうな、良さげな嫁をもらったが、結婚してから本性が現れて、それでスタコラ逃げ出す夫のイメージが浮かびます。イヤ、昔話と言うより怪談に近いかもしれません。

小説を読みつけない私が友人に薦められて読んだ『悪女について』は衝撃的でした。悪女って悪女とかけ離れている人にその素養があったことに。小説の世界とは言え、現実味を帯びているから作品が好まれているのでしょう。ゆうこりんには悪女の資質があるのかもしれません。ただ、これはある意味誉め言葉でもあるのです。

ゆうこりんのインスタに度々登場する親友のギャル曽根。こんな過去の内容の記事を見つけました.....ギャル曽根と待ち合わせをしたゆうこりん。ギャル曽根が2時間遅れて待ち合わせ場所に行ったら、その日はギャル曽根を無視し続けたと。その記事には別れた夫に対して2か月も口をきかなかったと。随分ネチネチした陰湿な対応ですね、耐えられない!

人間の性格はそうそう変わることはないので、今回もゆうこりんは歯科医の夫を無視しづけたのではないでしょうかね。もし、そうされるようなら家を出るのも納得します。自分の悪行は棚にあげてしおらしく、あの声で、あの態度で「夫を支える妻として私の至らない点がありました」と発表したら、夫婦間の実情をしらない世間の人々はゆうこりんに同情するでしょう、もし、今回も夫を無視し続けたとしたら…

結局、声を変える女性はあざといですよ。結婚生活は自然体の上に成り立つものだとしたら、恐ろしく不自然体の結婚生活だったのではないでしょうかねぇ…

物事の本質をズバッと見抜く上沼恵美子さんに、この記事を読んでもらうことがあれば感想をお聞きしたいですね。手前味噌ですが同感していただけるような気がしています。

画像: from flickr
https://www.flickr.com/photos/[email protected]/8639820242/sizes/m/

ニューヨークから発信しています

Twitter: aozorakokoro