「カメラを止めるな!」上田慎一郎監督がYouTube番組生出演で映画人生語り尽くし! 中学時代の映画作りから最新作「スペシャルアクターズ」まで

11月24日、「水曜どうでしょう」(HTV)のディレクター藤村忠寿さん、嬉野雅道さんによるYouTubeチャンネル「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」のYouTube Liveに、映画「カメラを止めるな!」上田慎一郎監督がゲスト出演した。

今回の番組タイトルは「水曜どうでしょう×カメラを止めるな!上田監督と新作映画の話も語りつくすSP」。その名の通り二人と上田監督が「カメラを止めるな!」や新作の「スペシャルアクターズ」についてひたすら語り尽くすという内容だ。

これまで二人と上田さんはさぬき映画祭でしか面識が無かったということだが、お酒を交えながらのトークは初めから大盛り上がり。中学時代に通り魔被害にあい、示談金の10万円で手に入れたハンディカムで映画のようなものを作りはじめたこと、初めはワークショップイベントで上映するだけで終わるはずだった「カメラを止めるな!」が松竹関係者の目に留まり全国上映に結びついたこと、「スペシャルアクターズ」の脚本に取りかかる際に“前作を越えなくては”というプレッシャーにとらわれなかなか筆が進まなかったことなど、上田さんが現在の大成功に至る軌跡を余すところなく語り尽くした。

「水曜どうでしょう×カメラを止めるな!上田監督と新作映画の話も語りつくすSP」
https://youtu.be/z9S5ooQRXtQ

今だから言える秘話や突如としてメジャーに躍り出てしまった心境の吐露などざっくばらんなトークの数々に、TwitterなどSNSも大きな盛り上がりを見せている。

「水どうの藤村Dとうれしーと、カメ止め、スペアクの上田監督の対談ライブ面白かった。」

「カメラを止めるな!の上田監督と藤やんうれしーのYOUTUBEライブトーク楽しい!!
映画作りの熱い話!!」

「藤村さんが高校時代に撮った映画は『青い時』(テニス部の女子に憧れる青春映画)。嬉野さんが撮っていたのは『カンフー映画』(クラスで一番ヌンチャクが一番上手い奴が主役になれる)」

「水曜どうでしょうD陣と上田慎一郎監督のコラボトーク、アーカイブから見られます
3人の映像論・制作論的な話を普段通りのおじさんの飲み会に塗れさせてて無責任に勉強になる
物作ってる人、特に映像系の人は必見だと思うので是非
そしてスペシャルアクターズも是非観て」

現在のところ「スペシャルアクターズ」の観客動員は前作に及んでいないようだが、緊張が極限まで達すると気絶してしまう主人公が旅館乗っ取りをもくろむカルト集団と対決するというストーリーは、上田監督好みの“B級”なセンスにあふれていてなんとも気になるところ。

大ヒット作の後だからこそうがった見方をせず、シンプルに楽しもうという姿勢で向かい合いたい作品だ。

※画像はYouTubeから引用しました

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo