舞台『アリスインデッドリースクール コネクト』公演発表会 ダブル主演・堀越せな「繋がりが凄く見えてくる作品です!」

10月27日、演劇カンパニー アリスインプロジェクトが舞台『アリスインデッドリースクール コネクト』の公演に先駆けて、マスコミ関係者向けの公演発表会を開催した。ガールズ演劇集団として誕生したアリスインプロジェクトは、今年で生誕10周年を迎える。本作は旗揚げ公演作品として上演されてから幾度もリメイクされており、再演希望1位の作品として人気を博している。記念すべき10周年での公演では、アイカツスターズ!歌唱担当・堀越せな、元東京flavor・白石まゆみがダブル主演を務め、元Super☆Girls・八坂沙織など、総勢21名の女性キャストが舞台上で演技を披露する。これまで漫画、アニメ、映画など、メディアミックスとして展開するだけでなく、東京、大阪、名古屋、札幌など、全国各地の舞台で公演された。今回は当日の公演発表会の模様とダブル主演を務める堀越せなのコメントをまとめて紹介する。

座組に対する出演キャストたちの想い

出演キャストたちが順番に登場し、各々が演じるキャラクターの印象や舞台に掛ける想いを告白する。堀越せなは「座組のキャストメンバーの熱量が高いんです! 私が稽古に行けない日があっても、次に稽古場に行ったら動き方を教えてくれて、私がみんなに助けられています」と、座組メンバーに対する感謝の気持ちを述べた。

白石まゆみは「私のもともとの性格は優に近いんです。でも、今回は信子を演じることになって不安しかなかったんです。だけど、相方のせなちゃんがつっこみやすく演じてくれるので、いつも楽しくやらせていただいています!」とコンビ相手役の堀越せなに対する心境を明かした。

八坂沙織は「今回の舞台で私たちが目指している演技は、人間が怒っているときはどうやって相手に接しているんだろう? という細かい部分です。それぞれのキャラクターがリアルに生きているというポイントに繋がって、作品が出来上がっていると思っています」と演技の緻密な表現について語った。

栗生みなは「アイドル舞台は各々が頑張らないといけないイメージがありました。今回の舞台では、一匹狼のように頑張る必要はなく、全員で一つのシーンを作り上げる傾向が見受けられます。それは、演出家の上條さんのおかげであり、メンバー全員が上條さんの言葉を真剣に受け取っているおかげだからだと思っています。全員が今までで一番納得できる作品になると実感しています」と胸の内をさらけ出した。

日替わりゲストで出演する石川凜果は「私はまだ稽古に多く参加できていないんですけれど、会話のキャッチボールがやり易い熱量の高い稽古場ということもあって、上手く溶け込むことができています」と、稽古場の雰囲気や座組メンバーのポテンシャルの高さについて説明した。

アリスインプロジェクト初主演に臨む堀越せなの心持ち

歌手、アイドル、そして演劇役者など、活動の幅を広げている堀越せな。前回のアリスインプロジェクトの舞台から2年の歳月を経て、ダブル主演として出演が決定した堀越せなに、本作に対する考えと座長としての意気込みについてインタビューした。

ーー前回のアリスインプロジェクトの舞台に出演してから2年が経ちましたが、ご自身の中で心境の変化はありますか?

堀越せな(以下、堀越):最初に、アリスインプロジェクトには私の所属している事務所の先輩方がたくさん出演していたんです。歌唱ユニットの先輩でもある瑠香さん(遠藤瑠香)と一緒に出演することが発表になったとき、ファンの方からの期待が大きかったのを覚えています。

ーーご自身の気持ちとしてはプレッシャーに感じるかもしれませんね。

堀越:そうなんです! 当時の私も「大丈夫かな?」って思ってしまったんです。だけど、今は自分の考える”優”を演じて、自分自身を表現しようと思っています。

ーーかなり前向きな心境の変化にも捉えることができますが、何かきっかけはありましたか?

堀越:以前、舞台に出演した際に瑠香さんから「せなはそのままでいいよ!」ってアドバイスをいただいたんです。それから「私はそのままでいいんだ!」って考えるようになりました。

ーー先輩からの言葉が、今の堀越さんの役者としての土台になっているわけですね。

堀越:何よりも、観劇する方のイメージを崩したくないんですよ! これまでもリメイクされた作品ですし、作品を知っている方のイメージを崩さず、新しい優を演じて楽しんでいただこうと思っています!

ーーご自身にとって、大きな課題を作っているように受け取れます。

堀越:私の中では楽しくやらせていただいていますよ! でも、それが難しいんですけどね(笑)

ーーこれまで幾つもの舞台作品に出演していますが、舞台に臨むときのお考えを教えてください。

堀越:まずは自分が楽しむことです! もともと演技が大好きで、最近は自分の性格やタイプに近いキャラクターのオファーが多くなりました。

ーー元気はつらつな印象のキャラクターが想像できます。

堀越:その中でも、クレイジーな要素や心に影のあるキャラクターなど、様々なタイプがいます。本作では、真面目だけどおバカな部分があるキャラクターなので、気遣いのできる優を演じたいと思っています。

ーーこれまでの作品を知っている人や今回から作品を知る人のどちらにとっても新鮮な気持ちで楽しんでいただきたいという堀越さんのお気持ちが伝わってきました。

堀越:今までの優とは違うと感じる方もいるかもしれませんが、ぜひそこを見ていただきたいです!

ーー今回の舞台で座長というポジションを務めることになりますが、メンバーを引っ張ってどういう座組にしたいと考えていますか?

堀越:私にとって初めての立ち位置ですが、みんなに凄く支えられています。スケジュールの関係で稽古に参加できない日もありましたが、みんなのモチベーションの中で持ち上げていただいているので、特別何かをしようとか考えていません。

ーーそれでは、堀越さんが今回の座組にキャッチコピーを付けるとしたらどんな言葉を付けますか?

堀越:やっぱり、”繋がり”、ですね! 今回のタイトルにコネクトが付いている通り、繋がりが凄く見えてくる作品です! みんなとお芝居で繋がっているんです! 短い期間で倍の繋がりが生まれているので、人間って凄いんだなって思いました(笑)

ーー最後に、堀越さんが舞台役者として活動をしていく上で、将来の役者像があればお聞かせください。

堀越:演技の上手い、下手とか関係なく、みんなに愛される役者になりたいと思っています! 作品によってはベテランの役者の方が多くいらっしゃる中で稽古をさせていただいているので、そこから表現を学びつつ、より高みを目指していきます!

※写真はすべて記者撮影

【公演情報】
『アリスインデッドリースクール コネクト』[リンク

【上演会場】
新宿村LIVE[リンク

【ストーリー】
学校の屋上で漫才の練習をしている二人、墨尾優と百村信。

そこへ駆け込んでくる生徒たち。怪我をした者、常軌を逸した者。
三年生、紅島弓矢の手には……血に濡れた金属バットがあった。
ユウとノブが知らぬ間に、世界は死体が蘇り、生きてる人間を襲い出す地獄と化していた。屋上に集まる様々な境遇の少女たち。
ユウとノブは、恐怖と絶望の狭間で決断を下す。

「……よし、漫才やろう!」
「って正気か?!」

夢も希望も失われた世界で、彼女たちは笑って生きられるのか?

【出演】
[シングル]
堀越せな
白石まゆみ
栗生みな
八坂沙織
三浜ありさ
佐伯香織
がーな
草場愛
若松愛里
國井紫苑
天音
長谷川麻由
結城美優
東城希亜
中島明子
宮ノ尾美友

[日替わりゲスト出演]
山本太陽
真島なおみ
石川凜果

【上演期間】
2019年11月7日(木)~11月10日(日)

【上演タイムテーブル】
11月7日(木)=19:00
11月8日(金)=14:00・19:00
11月9日(土)=13:00・18:00
11月10日(日)=12:00・17:00
※ロビー開場・物販開始:60分前
※客席開場:30分前

【チケット料金(全席指定・税込)】
S席 7,500円(最前3列:指定席)
A席 5,500円(4列目以降:指定席)

【チケット取扱い】
カンフェティ[リンク

【スタッフ】
演出:上條 恒(LinkIcon三ツ星キッチン)
原作・脚本:麻草郁
音楽:神津 裕之
企画:鈴木 正博
プロデューサー:美濃部 慶・西初恵
制作統括:青柳 一夫(MAGMA)
制作:アリスインプロジェクト
製作:アリスイン株式会社

オンラインライター/ニュース記者。主に舞台・ミュージカルのゲネプロ公演の特集や各アーティストのインタビューをしています。

Twitter: ryosuke_nojima