お金じゃなくて想いも預けて…りそな銀行の未来小包「まごハコ」をオービィ横浜でつくってわかった“掛け算”

  by GazinAirlines  Tags :  

いま大手メガバンクで、「想い」を預かってくれるサービスがあるって、知ってる?

りそな銀行がこの春から初めた「まごハコ」も、そんなサービスのひとつ。

「20年後、大人になったお孫さんに「まごハコ」であなたの想いを届けませんか?」ってなキャッチコピーで展開する まごハコ は、手紙や写真、ビデオレター、思い出の品などを入れて、申込日から20年以内の希望日に届けるというサービスで、国内金融機関初の新贈与サポートサービス。

公式ページ(https://www.resonabank.co.jp/kojin/magohako/)から資料請求すると、申込書書類が届き、必要事項を記入。次に孫名義の普通預金口座を開設すると「まごハコ」が届き、このハコのなかに手紙や写真、ビデオレター、思い出の品などを入れてりそな銀行に送る……。

そしてそのハコの存在を忘れたころ、希望した指定年月日に手元に届く……というサービス。

申し込み時に、お祝い金(贈与資金)などと手数料5万円の合算額を孫の口座に振り込む必要がある。

で、ほんとうは静かにこっそり、まごハコを仕掛けたいところだけど、オービィ横浜で10月に開催された[まごハコ」体験イベントは、親子3代がハコにいろいろ詰め込んで、大盛り上がり。

セガゲームスが手がけるシュミカツ!がきっかけだから盛り上がる

これ、イベント名は「シュミカツ!お孫さんとつくる令和タイムカプセル」。

この正式名のとおり、まごハコのりそな銀行と、シュミカツ!のセガゲームスがコラボして実現した、まごハコ体験イベントで、参加したファミリーは「あーでもないこーでもない」と話し合いながら、小さなハコにいろいろ詰めていく……。

会場はこれまたセガグループのオービィ横浜で、性別年代関係なく楽しめる動物テーマパークに「家族で行きたい!」という衝動と、りそな銀行の「まごハコをもっと知ってもらいたい!」という想いが掛け算して、この「シュミカツ!お孫さんとつくる令和タイムカプセル」が実現したってわけ。

―――これからはお金だけじゃなくて、想いも預けて。りそな銀行のそんなメッセージがしれっと込められた未来小包づくりの時間。いいね。

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。