あのホリエモンも常連?生バンドカラオケチェーン「BAN×KARA」が大阪・北新地に登場

東京・六本木で誕生し、ホリエモンこと堀江貴文さんやスピードワゴン小沢一敬さんも足繁く通うという生バンドカラオケ店『BAN×KARA(バンカラ)』

https://www.instagram.com/p/BMnQXXPh-Tr/

この投稿をInstagramで見る

昨日の夜久々バンカラ行った

一敬 小沢さん(@ozawakazuhiro)がシェアした投稿 – 2016年11月月9日午後6時46分PST

8月29日、そんな伝説の超人気店が満を持して大阪・北新地に進出した。

筆者はバンカラの名前くらいしか知らなかったが、開店前のレセプションパーティーにお招きをいただいたのでこの機会にお店訪問してみることにした。

バンカラ北新地は北新地の南側、ANAクラウンプラザホテル向かいの雑居ビルにある。

店内はカラオケステージと約40席のテーブル席。まるでライブハウスのようなつくりになっていて一般的なカラオケパブよりも洗練された雰囲気だ。

ごくごくシンプルなシステムで、テーブルに着いたらドリンクを注文してあとはデンモクで好きな曲を入れて歌うのみ。

カラオケ伴奏に乗せてギター、ベース、ドラムが生演奏してくれる形式で音圧はたっぷり。照明もライブハウス並みにしっかりしているので、ステージに立つとちょっとした高揚感がある。

筆者も往年の名曲『また逢う日まで』などなど歌わせていただいたが、バンドの息があっていて非常に楽しいセッションをすることができた。歌が好きな人はもちろん、楽器を借りて演奏もできるので、音楽好きの人全般にとってたまらない遊び場になるんじゃないだろうか。

気になる料金形態は時間制になっており、18時から22時までが1時間1500円、22時以降が1時間2500円。この界隈のお店としてはリーズナブルだし、ドリンクも生ビール800円、おおよその焼酎やカクテルも700円と安心のお値段。

大阪で新たな遊び場を求めている方にはとってもおススメの空間だ。採点で高得点を出すとサービスが受けられる『採点チャレンジ』(詳細は下記の店舗詳細に記載)というシステムもあるので、歌に覚えのある方はぜひチャレンジしていただきたい。

『BAN×KARA 北新地』

【TEL】
06-4300-5946

【所在地】
大阪府大阪市北区堂島1-4-4 NJビルB1F

【営業時間】
18時〜LAST

【採点チャレンジ】
70点未満 迷惑料発生。フロア全員に1杯ドリンクをごちそう(参加者が支払い)。
70点以上80点未満 迷惑料発生。生バンドのメンバーに1杯ずつごちそう。
80点以上95点未満 お礼発生。参加者本人のみにドリンク1杯無料
95点以上98点未満 お礼発生。フロア全員にドリンク1杯プレゼント98点以上 フロア全員の1時間の利用料が全額無料

※希望者のみの参加 ※ドリンクプレゼントの場合はボトルを除く

【ホームページ】
https://ban-kara.live/

■シンガーソングライター、音楽・芸能評論家 ■奈良県奈良市出身 ■1984年3月8日生まれ ■関西学院大学文学部日本文学科中退 2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。 歌謡曲をフィーチャーした音楽性が注目され数々の楽曲提供、音楽プロデュースを手がける。代表曲に「雨にうたれて」、「女ごころ」(小林真に提供)など。 2012年からは音楽評論家としても活動。さまざまなメディアを通じて音楽、芸能について紹介、解説している。

ウェブサイト: 【公式サイト】 http://www.chujyo-takanori.com/ 【公式ブログ "夜はきままに"】 http://blog.chujyo-takanori.com/

Twitter: chujyo_takanori

Facebook: takanori.chujyo